趣味の総合サイト ホビダス
 

2013年05月 神奈臨50周年イベントへ

神奈臨50周年イベントへ その18

 新鶴見機関区続きです。

130526-208x.jpg
 交直流形の電気機関車であるEH500形、EH500-10も姿が見えました。

130526-211x.jpg
 斜め上から見たEF66 133です。

130526-213x.jpg
 別角度の構内の様子。
 
130526-212x.jpg
 別の場所に並ぶEF210形3両も見えています。

130526-220x.jpg
 いよいよ引き上げることになり新川崎駅へ、ホームに降りると別の機関車が見えたのでここでも撮影しておきました。
 とりあえずこのカットが今回のネタの最後の画像です。
 ご一緒した皆様お疲れ様でした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

神奈臨50周年イベントへ その17

130526-203x.jpg
 徒歩でやって来たのは新川崎駅です。
 陸橋に面する形で駅舎があります。

130526-204x.jpg
 本当の目的地は新川崎駅に隣接する新鶴見機関区を覗くことでした。
 ハイブリッドディーゼル機関車のHD300形のHD300-3が真っ先に目に入りました。
 赤い機関車は目立ちます。

130526-205x.jpg
 こちらはEH200形のEH200-23です。

130526-206x.jpg
 新鶴見機関区の一部分を見ただけですが、多種多様な機関車が停車中で楽しいのです。

130526-207x.jpg
 EF210-155とEF66-133です。

 新鶴見機関区の様子次回へ続きます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

神奈臨50周年イベントへ その16

 浜川崎駅から南武線浜川崎支線の電車に乗車して尻手駅までやって来ました。
 この駅で乗り換えて先へ進みます。

130526-199x.jpg
 尻手駅ホームで立川方面行きの列車を待っていると、通過列車の放送が流れやって来たのは立川行きの快速でした。
 南武線に快速が走っているのを忘れていたため、貨物列車でも来るのかと思ってしまいました。

130526-200x.jpg
 川崎行きの205系です。

130526-201x.jpg
 上の列車の後追いです。
 尻手駅を出発すると左にカーブして川崎駅へ向かって行きます。

130526-202x.jpg
 尻手駅から2駅乗車して鹿島田駅で下車、ここから徒歩で移動です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

神奈臨50周年イベントへ その15

130526-194x.jpg
 浜川崎駅の南武線側の駅名標です。
 後方にモーターカーが写っています。

130526-192x.jpg
 このモーターカー長期に渡りこの場所に置かれています。
 かなりボロボロです。

130526-193x.jpg
 ホームから見た線路配線です。
 左に曲がって行くのが東京貨物ターミナルへ向かう線路、真っ直ぐ進むのが鶴見線に繋がる線路、高架で横切っているのが鶴見線から東京貨物ターミナルへ向かう線路です。
 高架線の方は休止中だったと思います。
 この高架橋の途中に工場の入口部分に可動橋があったはずです。

130526-185x.jpg
 このモーターカー大船保線区の文字がドア部分に書かれています。
 翌読み取れませんでしたが、1966年製のTMC200Aのようです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

神奈臨50周年イベントへ その14

130526-183x.jpg
 鶴見線の浜川崎駅から南武線の浜川崎駅へは道路を渡っていきます。
 元々が別の鉄道として開通した別の駅だったためこんな形になっています。

130526-187x.jpg
 早速電車が到着します。

130526-189x.jpg
 南武浜川崎支線の205系を見るのも久し振りです。
 101系の2連がなくなって10年経ってしまったなと。

130526-195x.jpg
 木製の柱が短い間隔で並び、全てに『はまかわさき』の表示が取り付けられていました。
 ここまで取り付けなくても良いんじゃないかと…。
 この駅の利用者限られてますよ。

130526-196x.jpg
 電車が停車しているのは2番線です。
 反対側は1番線ですが、柵があるので列車の発着は出来ません。
 写ってませんが、柵の左側には鶴見線に繋がる線路と東京貨物ターミナル駅へ向かう東海道貨物支線の線路が通っています。

 浜川崎駅続きます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

神奈臨50周年イベントへ その13

130526-177x.jpg
 今度は浜川崎駅まで移動して電車を降りました。

130526-178x.jpg
 去って行く鶴見線の205系をお見送り。

130526-179x.jpg
 浜川崎駅鶴見線ホームはひょろ長い感じ。
 3番・4番を使用しています。

130526-182x.jpg
 外から見た浜川先駅鶴見線ホーム。
 旅客線の他に側線もありました。

130526-181x.jpg
 扇町駅側は右にカーブしています。
 この先で南部支線方面からの線路も合流してヤードを形成しています。

●● 大きな画像はこちらから ●●

神奈臨50周年イベントへ その12

130526-171x.jpg
 鶴見線の旅客の終点である扇町駅より先にも線路は続いています。
 先の部分は三井埠頭専用線になるようです。

130526-172x.jpg
 線路の上にホキが並んでいるのが見られました。
 ここから秩父鉄道の三ヶ尻駅までコークスを運ぶ車両です。
 米タンも撮りたいけどこちらの列車も撮りたいです。

130526-173x.jpg
 一番後ろはホキ10000形のホキ10239でした。

130526-174x.jpg
 危険な撮影は止めましょう。
 何となく看板を撮ってました。

130526-175x.jpg
 何を撮ろうとしたんだろう。
 転轍テコか?

●● 大きな画像はこちらから ●●

神奈臨50周年イベントへ その11

130526-165x.jpg
 鶴見線終点の扇町駅に到着しました。
 何かこの駅に来るのも久し振りです。

130526-166x.jpg
 旅客ホームは1面1線ですが、貨物用の側線は何本も広がっていました。
 最も貨車がいないので寂しいですか。

130526-168x.jpg
 でこちらが旅客ホームの様子。
 乗車してきた205系が停車中です。

130526-169x.jpg
 JR貨物の詰め所の入口にも神奈臨イベントのポスターが貼ってありました。

130526-170x.jpg
 扇町の駅舎は小さな物です。
 これだけで十分と言うことですね。

●● 大きな画像はこちらから ●●

神奈臨50周年イベントへ その10

130526-158x.jpg
 浅野駅の海芝浦支線ホームの様子です。

130526-159x.jpg
 木製の大きな屋根がありました。
 あっ扇町行きの列車が来ちゃった。

130526-160x.jpg
 海芝浦支線のホームから扇町方面のホームに行くには、扇町方にある構内踏切を渡らなければ行けなかったのです。
 走ってなんとか間に合いました。
 ちなみにやって来た205系はT18編成です。

130526-162x.jpg
 お約束の駅名標撮影。

130526-163x.jpg
 隣の安善駅にはJP-8のタキ1000が並んでいました。
 米タン貨物も撮りたいなと。

●● 大きな画像はこちらから ●●

神奈臨50周年イベントへ その9

130526-153x.jpg
 海芝浦から戻る電車は浅野駅で下車しました。
 この駅で扇町に行く電車に乗り換えるのです。

130526-154x.jpg
 乗車してきた電車が鶴見へ向かって去って行きました。

130526-157x.jpg
 鶴見線には側線が多くあり、この浅野駅付近も入り組んでいます。
 このごちゃごちゃした配線を見るのも本当に楽しいのです。
 惜しむべきは貨物全盛の時代に見られなかったことです。

130526-156x.jpg
 扇島方面を見たところです。
 架線柱が送電線の鉄塔を兼ねています。
 元私鉄ならではの光景です。

130526-155x.jpg
 本線側のホームの様子です。
 電化された旅客線の他に非電化の側線が平行していました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年9月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ