趣味の総合サイト ホビダス
 

2011年05月 鹿島臨海鉄道とひたちなか海浜鉄道の現状を見に行く

鹿島臨海鉄道とひたちなか海浜鉄道の現状を見に行く 寄り道篇 その5

110515-121x.jpg
 帰りに再び大洗の街中で丸ポストを撮影しています。

110515-120x.jpg
 ここの住所は茨城県東茨城郡大洗町磯浜町753です。

110515-122x.jpg
 交差点に面するスルガヤ薬局さんの横にあるのでした。

 この大洗には今回撮影の3本の他に、現役6本と使用していないのが1本まだありますが、次回のお楽しみに取っておきます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

鹿島臨海鉄道とひたちなか海浜鉄道の現状を見に行く 寄り道篇 その4

110515-109x.jpg
 阿字ヶ浦駅から海水浴場へ向かって坂を下りて行くと、阿字ヶ浦クラブと言う宿泊施設(合宿所?)があります。
 ここにも丸ポストがあるのです。

110515-110x.jpg
 前から気が付いていたのですが、今回やっと撮影できました。
 
110515-111x.jpg

110515-113x.jpg
 夏の海水浴シーズンは前の道が渋滞します。
 住所は、茨城県ひたちなか市阿字ケ浦町9です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

鹿島臨海鉄道とひたちなか海浜鉄道の現状を見に行く 寄り道篇 その3

110515-080x.jpg
 那珂湊駅のお隣には茨城交通の那珂湊営業所があります。

110515-081x.jpg
 何となくそのうちの1両だけ撮影しています。
 まず後側から。

110515-082x.jpg
 そして前側からです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

鹿島臨海鉄道とひたちなか海浜鉄道の現状を見に行く その15


 阿字ヶ浦駅から再び平磯~磯崎間へ戻りました。
 この辺りも良く撮影していた場所になります。
 少し先で復旧工事をしているのも見えています。


 復旧工事をしている場所を横から見ると、築堤が切り取られています。
 元々は築堤をくぐり抜けるトンネルがあったのですが、キレイに無くなってしまいました。


 工事の感じからすると、トンネルをやめて橋を架けるのだろうか?


 最初とは逆方向から見たところです。
 奥が勝田方向になっています。
 この場所の今回のひたちなか海浜鉄道の撮影は終了しました。
 次は6月下旬の仮復旧初日に乗りに行ってみたいと思います。

●● 大きな画像はこちらから ●●

鹿島臨海鉄道とひたちなか海浜鉄道の現状を見に行く その14


 終点の阿字ヶ浦駅に行ってみると、そこには代行バスが待っていました。


 さらにもう1台が到着しました。
 どういう運行なんだろう?


 駅の様子は今回はあまり見ないで、次の場所へ移動しています。

●● 大きな画像はこちらから ●●

鹿島臨海鉄道とひたちなか海浜鉄道の現状を見に行く 寄り道篇 その2

110515-042x.jpg
 電柱邪魔だな。

110515-043x.jpg
 大洗町大貫町のもう一つのポストは電柱の斜め後ろにありました。

110515-044x.jpg
 完全に電柱の後ろというわけでは無いですけどね。
 場所は茨城県東茨城郡大洗町大貫町79になります。

●● 大きな画像はこちらから ●●

鹿島臨海鉄道とひたちなか海浜鉄道の現状を見に行く その13


 平磯~磯崎間にある磯崎第2踏切です。
 平磯太陽観測センターが正面に見えています。


 踏切から阿字ヶ浦方向を見ています。
 一見すると分かりづらいですが、よく見ると線路は細かく曲がっています。


 反対側の勝田方向も同様です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

鹿島臨海鉄道とひたちなか海浜鉄道の現状を見に行く その12


 あれ?
 平磯駅に隣接していたスーパーが消えて分譲地になってる…。
 ずいぶん前に店が閉まってテナント募集していたけれど諦めたようで。


 こちらが新しい平磯駅の入り口です。
 以前より阿字ヶ浦寄りに入り口が移動していました。


 代行バスが運転されている間は、当然ながらここの駅に列車は来ないわけで。


 代行バスの案内や停留所の位置、時刻表などが貼られています。
 線路に沿って道路が無いところが多いため、代行バスのバス停が離れた場所にある駅がどうしても多くなります。


 駅の入り口はホームの阿字ヶ浦寄りの端になっています。
 トイレの位置も変わっていました。


 勝田方向を見たところです。
 写っていませんが、列車が停車しない勝田方にあった駅名標も、位置が変更になって停車する位置から見えるようになりました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

鹿島臨海鉄道とひたちなか海浜鉄道の現状を見に行く その11


 キハ3710-02はホキ2両と連結されていました。
 昨日のコメントにあった混合列車なのです。
 位置的に編成写真は無理でしたが…。


 ホキ越しに見えているのは、キハ37100-03+ミキ300-103です。


 那珂湊駅の様子です。
 看板が新しくなった様な気がするけど、前からだっただろうか…。
 列車は動いていなくても窓口は営業中です。
 ひたちなか海浜鉄道グッズは購入できました。


 構内の阿字ヶ浦方付近にある煉瓦の倉庫は崩れたままです。


 阿字ヶ浦方から覗いた構内の様子です。
 キハ205が車庫内にいるのが見えました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

鹿島臨海鉄道とひたちなか海浜鉄道の現状を見に行く その10


 那珂湊駅へやって来ました。
 構内にはキハ軍団が運転再開の時を待っています。


 キハ20 429(キハ203廃車)と保守用車。


 左からキハ2004+キハ2005、キハ37100-3、キハ3710-2。


 キハ204(廃車)、キハ222、キハ2005。


 キハ3710-02。
 那珂湊駅構内の様子続きます…。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年9月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ