趣味の総合サイト ホビダス
 

2010年11月 岐阜・三重貨物撮影行

岐阜・三重貨物列車撮影行 寄り道篇 その3

101109-513x.jpg
 富田駅付近で三岐鉄道の貨物列車を撮影して引き上げる時にふと赤い物が目に入りました。

101109-514x.jpg
 薬局の前に丸ポストがあったのでした。
 ここの場所は、三重県四日市市富田1丁目20-11になるようです。

●● 画像が開かなければこちらから ●●

岐阜・三重貨物列車撮影行 寄り道篇 その2

101108-380x.jpg
 近鉄四日市駅前で撮影した三重交通のバスです。

●● 画像が開かなければこちらから ●●

岐阜・三重貨物列車撮影行 寄り道篇 その1

 2010年11月8日(月)、この日は早朝から西濃鉄道の撮影のため美濃赤坂に来ていました。

101108-039x.jpg
 街中に1本だけ丸ポストがあったので撮影しています。

101108-040x.jpg
 この道をまっすぐ行くと美濃赤坂駅へ出ます。

101108-041x.jpg
 角度を変えて。

101108-042x.jpg

101108-043x.jpg
 この場所は、岐阜県大垣市赤坂町3328-1になります。

●● 画像が開かなければこちらから ●●

岐阜・三重貨物撮影行 その74


 撮影場所を探して三岐鉄道の線路に沿って歩いて行きました。
 この近辺はJRと近鉄と三岐鉄道の線路が入り組んでおり、三岐鉄道は築堤上を進みます。


 目的の貨物列車が来るまでの間に来た電車を撮影しつつ、撮影場所探しは続きます。
 太陽がだいぶ低い位置になってきました。


 JRとの交差部分で撮影。


 3717列車がやってきました。
 撮影場所は運良く直前に見つかったのです。


 横を通過していく機関車がこの撮影行の最後となりました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

岐阜・三重貨物撮影行 その73


 3177列車の到着を待っていたのですが、トイレに行っている間に到着してしまいました。
 牽引機はDD51 893です。


 鉄道輸送も安全第一です。


 富田駅からの3717列車の先頭に立つ機関車はED455でした。


 3717列車が出発の時間を待っている富田駅の構内です。
 出発まで時間があったので、撮影場所を探しながら移動します。

●● 大きな画像はこちらから ●●

岐阜・三重貨物撮影行 その72


 富田駅ホームから見える場所に西武鉄道の新101系が2両停まっています。
 三岐鉄道に西武鉄道の新101系が改造されて751系として導入されていますが、部品取り用の2両も一緒に来ており、富田駅の側線に留置されているのでした。


 跨線橋から見た三岐鉄道側構内の様子です。


 2両の電気機関車は四日市駅から来る5366列車を待っているのです。
 富田駅からは3717列車としてこの機関車が牽引していきます。


 部品取り用の車両を反対から見たところです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

岐阜・三重貨物撮影行 その71


 富田駅の跨線橋の様子です。


 跨線橋を反対側から見たカットです。


 跨線橋の通路の様子です。
 三岐鉄道への階段部分はきれいに塞がれているので、ぱっと見は分かりません。


 跨線橋上部の隙間から覗いた三岐鉄道ホームへの通路の様子です。
 跨線橋からは入れませんが、通路はそのまま残っていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

岐阜・三重貨物撮影行 その70

 富田駅にいた貨車3形式を撮影したので簡単に紹介しておきます。


 ホキ1000形は、フライアッシュ・炭酸カルシウム専用のホッパ車です。
 行きと帰りで違う荷物を運ぶので効率良く使用できる車両ですね。
 34両全車が太平洋セメント所有の私有貨車で東藤原駅の常備となっています。
 写真はホキ1000-15。


 タキ1900形のタキ111944です。
 セメント輸送用のタンク車であり、長期にわたって製造されているので、個体差がかなりある形式です。
 写真の車両は太平洋セメント所有車です。


 ホキ10000形のホキ10002です。
 元は石炭輸送用のホッパ車として製造されており、ホキ10002は秩父セメント用として製造されています。
 関東で活躍していましたが、一部の車両が三岐鉄道に移って中部国際空港用の土砂輸送にも使用されました。
 現在は石灰石専用の車両として使用しています。


 使用されなくなった三岐鉄道の旅客用ホームには駅名標が残っています。


 駅名標のアップです。
 駅名標下部の三菱カラーテレビの広告が懐かしいです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

岐阜・三重貨物撮影行 その69

 入場券を購入して富田駅に構内に入っていますが、昨日上げたJR東海の電車はおまけの撮影で、撮りたかったのは三岐鉄道との接続駅としての姿です。
 (富田駅に行った時には簡易受託駅で西口駅舎には人が配置されていましたが、つい先日の2011年3月31日をもって無人駅となっています)


 1985年までは三岐鉄道の旅客電車も富田駅まで来ていましたが、現在は近鉄富田駅のみに旅客列車が行くため、この駅には貨物列車しか来なくなっています。


 それでも旅客営業時代のホームと跨線橋から続く階段は残っており、「藤原岳・宇賀渓へ 三岐鉄道」の案内看板が残っていました。


 構内には三岐鉄道へ乗り入れる貨車も留置されています。
 写真手前からホキ1000形、タキ1900形、ホキ10000形が2両ずつです。


 三岐鉄道の電気機関車も重連を組んだまま四日市港からの貨物列車を待っていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

岐阜・三重貨物撮影行 その68


 次にやって来たのは富田駅です。
 この駅は三岐鉄道とJR関西本線の貨物列車の受け渡し駅となっています。


  名古屋方向から313系がやってきました。


 B304編成なので3000番台ですが、正直番台の見分け方がよく分かりません。


 もう1本、こちらはB307編成でした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ