趣味の総合サイト ホビダス
 

2009年08月 伊那路・信濃路撮影行

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その8

 今度は韮崎市にある韮崎中央公園にやって来ました。

韮崎中央公園の貨物列車
 この公園にやって来た目的は、保存展示されているEF15形電気機関車を見るためなのです。
 写真を見て分かる通りで、ここには貨車一緒に保存されており、貨物列車を再現した形で保存しているのでした。
 こういう保存の仕方はうれしいものです。

EF15 198を貨車側から
 この機関車は20年近く前に中央本線の撮影に来た時に見掛けており、その後も何度か探したことがあったのですが見つからなかったのでした。
 最初に見た時は、公園が完成する前だったからなのか道路から見えていたのでしたが、その後公園が整備されて見えなくなって見つからなかったのだと思います。
 インターネットが普及して色々な情報が入るようになり、やっと場所が分かった次第です。

EF15 198+トラ72379+トラ74778+トラ75013+ヨ14041
 EF15 198+トラ72379+トラ74778+トラ75013+ヨ14041の編成で保存されています。
 大切にされているため塗装も比較的きれいです。
 どこも錆びないようにパンタグラフやHゴムまで塗ってあるのです。
 実際現役当時の色とはかなりかけ離れており、さび止め塗装に見えてしまいます。
 焦げ茶色に戻してくれないかな~。

 伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇も今回で終了となり、明日からは木曽路・伊那路撮影行補完の続きをやりたいと思います。
 日付で行くと山形・秋田・青森撮影行の方が前になりますが、そちらも長編になりそうなので後にしました。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その7

ナンバーは3101
 車体に付いている車番は3101となっています。

富士急行の車紋
 車体には社紋も取り付けられていました。
 見ての通りで富士急行の社紋ですね。

ひっそりと眠るモハ3101+モハ3102
 反対側から見るとブルーシートが掛かっていないので正体がはっきり分かります。
 以前富士急行で活躍していた3100形のモハ3101+モハ3102でした。
 南栗橋車両管理区荒川支所様からのコメントは見ての通りで正解です。
 色はオリジナルと変えられていましたが、車体には手がつけられていないので、どこかで整備して保存し直してもらえれば良いな。
 こんな場所で朽ちていくのはもったいないです。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その6

 伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その6です。
 前回は9月18日に上げた飯田線の話でした。
 その飯田線の撮影後は、塩尻、原村と鉄道と関係ないことで寄り道しています。(姉崎機関区の裏側

池生神社鳥居
 その後にやって来たのは、富士見市境の池生神社です。

池生神社の様子
 別にこの神社が目的地ではなく、神社のお社の後ろ側付近に目的地があったのです。

中央本線信濃境~小淵沢間の旧線入口
 神社の近くには中央本線が通っており、その脇の道に回って神社の後ろ側に近づいてみました。
 道路から覗くと木々で薄暗くなっている場所に何かがあります。
 ブルーシートが掛けられているように見えました。
 ちなみにこの場所は中央本線の信濃境~小淵沢間の旧線跡になります。

ブルーシートが掛かった物体
 ブルーシートの掛けられた物体に近づきました。
 写真を見ても分かるとおり鉄道車両のようですが、ここからでは何の車両か分かりません。

車両の側面 1
 車両の側面を見てみました。
 ドアには鎖が掛けられ車内への侵入は拒まれています。
 電力計も取り付けられていました。
 この車両の正体は…。
 この続きはまた明日。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その5

 本来なら明日分のネタなのですが、この後から大渋滞じゃなかった大遠征に出発するので、前倒しでアップしています。
 今回の遠征は山形・秋田・青森の鉄道を巡ってくる予定です。
 左沢線→由利高原鉄道→男鹿線→五能線→津軽鉄道→弘南鉄道→秋田内陸縦貫鉄道の順で回る予定として、間に廃線跡探索を組み込むつもりです。
 袖ヶ浦ナンバーのオレンジのセレナを見かけたらそれは私かもしれません。
 それでは本題。

上片桐~伊那田島間の237M
 上片桐~伊那田島間に移動して237Mを撮影しています。
 高い築堤の上によじ登っての撮影でした。
 列車が来る方向を勘違いしていたので、後追いの撮影となっています。

伊那田島駅の石碑
 伊那田島駅に行くと石碑がありました。
 駅の開業月日も書かれており、1920年の開業となっているので、この駅は開業から88年経っていることが分かりました。

伊那田島駅から辰野方向を見る
 ホームから辰野方向を見ています。
 保守用車が留置されている以外には何もありません。
 駅は無人駅です。

伊那田島駅の228Mの115系
 228MはJR東日本の115系でした。
 この日119系以外の電車と初めて出会っています。
 この228Mは長野駅から飯田駅まで4時間以上かけて走る列車なのです。

 これで飯田線ネタは終了となります。
 遠征から戻ったら木曽路・伊那路撮影行の残り分を再開しますので、しばらくお待ちください。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その4

七久保駅から去っていく1503M
 七久保駅を1503Mが発車していきました。
 辰野側にも勾配があり、列車は下っていきました。

構内踏切から見た駅構内
 構内踏切から見た駅構内の様子です。

日本石油伊那油槽所専用線跡
 以前この駅からは日本石油伊那油槽所まで専用線が延びていました。
 貨物ホーム跡らしき石積みの先には鉄道門のような門があります。
 門の先は何もなくなっていました。
 ここの方向は駅に対して豊橋側ですが、駅の周辺をよく見るとさらに昔は辰野側にも分岐があったようにも見えました。
 昔の専用線一覧を引っ張り出す気力がないので、謎のまま保留しておきます。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その3

待合室前から豊橋方向を見る
 今度は反対側の豊橋方向を見ています。

1503Mが勾配を上ってくる
 駒ヶ根行きの1503Mがやって来ました。
 豊橋方にある勾配を上がって駅構内に入ろうとしています。
 この光景を見た時に昔この駅に来たことがあったのかなと思ってしまいました。
 時又駅の時にも書きましたが、駅の前後の勾配が私の飯田線のイメージなのでそんな錯覚が起きたのでした。

七久保駅に到着する1503M
 この日3本目の撮影も119系の2連です。
 運用を調べないで今回は撮影しに来ていましたが、うまい具合に119系と出会えています。
 6月の撮影行では313系によく出会っており、もう少し確率が低いと思っていたので、目的がうまく達成できました。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その2

七久保駅入り口
 七久保駅までやって来ました。
 駅舎正面の様子です。
 無人駅になっているので、待合室だけしか在りません。
 飯田線の撮影でこの駅を利用した人も多いのでしょう。

七久保駅駅舎
 七久保駅駅舎全体はこんな感じです。

駅舎前から辰野方向を見る
 待合室の前から辰野方向を見るとこんな感じ。
 2面3線の配線となっています。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

伊那路・信濃路撮影行 鉄道篇 その1

 木曽路・伊那路撮影行はちょっとお休みして、その後の伊那路・信濃路撮影行の飯田線部分を間に入れたいと思います。

伊那本郷~七久保間の222M
 この撮影行は仮設住宅氏への道案内を兼ねて飯田線の119系を撮影しに来ており、伊那本郷~七久保間で最初の撮影をしています。
 222Mは予定通り119系の2連で来てくれました。

七久保~伊那本郷間の1501M
 222Mと七久保駅で交換した1501Mがやって来ました。
 こちらも119系の2連です。
 この場所は昔から有名な撮影地なので一回撮影してみたかったんです。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

伊那路・信濃路撮影行 その4

 塩尻から横谷峡へやって来ました。

横谷峡の乙女滝
 横谷峡にある乙女滝です。
 早乙女滝ではございません。

横谷峡の風景
 乙女滝より少し上流に行った場所の風景です。
 ここは渡れないような…。

横谷温泉旅館
 高校の合宿所ではありません。
 横谷温泉旅館です。

原村再訪
 また原村にやってきてしまった。

原村の風景
 観光地ではないけれど、歩いていると楽しい場所です。
 各家にある蔵が色々主張しているんですよ。

原村の向日葵
 向日葵が咲いていた。
 自分的イメージはフォトショップです。

原村の木橋
 前回も来た木橋です。
 ただ撮影しただけです。

 伊那路・信濃路撮影行は今回で終了です。
 鉄道篇はまだまだ先ですが…。

●● 大きな画像はこちらから ●●

伊那路・信濃路撮影行 その3

塩尻駅前
 塩尻駅前までやってきました。
 「あそこですか…」

塩尻駅付近駐車場屋上 1
 「○様!」

駐車場の給水塔
 子供は危ないので登ってはいけません。
 「出迎え大儀!」

塩尻駅付近駐車場屋上 2
 「本気で言っているのか?」

 この後レザンホールにも寄っていますが、勘違いしていたと思ってしまったので撮影していません。
 場所は合っていた。

西福寺の門 境内側
 前回も来た西福寺の門を境内側から撮影しています。
 私はこのカットだけ撮影で終了しましたが、仮設住宅氏はしばらく撮影していました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年9月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ