趣味の総合サイト ホビダス
 

五能線

あけぼのお名残乗車と秋田・道央・道北撮影行 その022

140224-283x.jpg
 大館駅から乗車してきた列車は何事もなく終点弘前駅に到着、再び乗り換えとなりました。
 弘前駅からは青森行きの普通列車に乗車、この日9本目の701系はN17編成でした。
 画面左が弘前まで乗車してきた編成、右がここから乗車する青森行きです。

140224-282x.jpg
 列車発車まで後2分。

140224-284x.jpg
 弘前駅の駅名標を撮影しただけで、再び車内の人となりました。

140224-285x.jpg
 弘前駅から2駅隣の川部駅で五能線深浦行きの気動車を撮影しています。
 この深浦行きの列車ですが、弘前駅を13分後に発車した列車なのです。
 川部駅の隣駅である北常盤駅でポイント不転換が起きて足止めされている内に追いつかれてしまいました。
 写真の気動車はキハ40 523です。
 結局ここで停まった分、終点青森駅まで遅れたままでした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【駅】【弘前駅】【川部駅】【駅名標】【電車】【701系】【気動車】【キハ40形】【キハ40系】【JR東日本】【青森県】【奥羽本線】【五能線】【あけぼのお名残乗車と秋田・道央・道北撮影行】

あけぼのお名残乗車と秋田・道央・道北撮影行 その019

140224-248x.jpg
 下浜駅から秋田駅に戻り、コインロッカーに預けてあった荷物を受け取り、また列車に乗車します。
 ここからは大館行きの701系N11編成です。
 この列車でこの日7本目の701系乗車、つまらない…。

140224-249x.jpg
 東能代駅で停車時間が長かったので五能線の列車を撮影しています。
 キハ40 531他1両の列車でした。

140224-250x.jpg
 五能線の起点駅の東能代駅のホーム待合室は、リゾートしらかみを模した入口になっていました。

140224-251x.jpg
 秋田駅から乗車すること約2時間で大館駅に到着しました。
 ロングシートの2時間は辛い。

140224-252x.jpg
 乗車してきた701系の向こうには花輪線で使用しているキハ110系気動車が留置されていました。
 大館駅の様子続きます…。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【電車】【701系】【気動車】【キハ40形】【キハ40系】【キハ110系】【駅】【秋田駅】【東能代駅】【大館駅】【JR東日本】【奥羽本線】【五能線】【秋田県】【あけぼのお名残乗車と秋田・道央・道北撮影行】

山形・秋田・青森撮影行 その88

くまげら編成 1
 大きな岩を避けるようにしてリゾートしらかみ2号、くまげら編成がやって来ました。
 バックに海があるのですけれどちょっと分かりづらいです。

くまげら編成 2
 このくまげら編成の先頭部の塗色ですが、曇り空でもかなり鮮やかに見えました。

くまげら編成 3
 大きな窓からは海や千畳敷を見る人が多く見られ、観光目的の列車らしい様相です。
 ゆっくりと東能代方面に走っていきました。
 この列車まで撮影して千畳敷から移動しています。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

山形・秋田・青森撮影行 その87

千畳敷駅と千畳敷と2525D
 トンネルの上に上がる階段がありましたので、上から俯瞰撮影しています。
 この場所からだと千畳敷の全体が見渡せました。
 ちょうど2525Dがやって来たところです。

千畳敷駅停車中の2525D
 2525Dが駅に停車して客扱いをしています。
 乗車する人も下車した人もちゃんといました。

千畳敷駅を発車した2525D
 列車は再び動き出し終点弘前に向かいます。
 キハ48を先頭にした3両編成でした。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

山形・秋田・青森撮影行 その86

千畳敷駅駅名標
 千畳敷駅ホーム上にある駅名標です。
 すぐ後ろは道路を挟んで海になっており、有名な景勝地である千畳敷でもあります。

千畳敷駅ホームの様子
 ホームの上には待合室もなく、簡単な雨風よけがあるだけでした。
 冬ここで列車を待つのは非常に寒そうです。

千畳敷駅時刻表
 時刻表を見ると1日上下5本ずつの普通列車と、下りのリゾートしらかみ3号が1本停車するだけでした。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

山形・秋田・青森撮影行 その85

 有名な景勝地である千畳敷まで来ました。
 千畳敷に来たのは初めてではないのですが、改めてじっくり観光します。
 食堂・民宿の田中で焼きイカを食べながらお店の人ととしばらく話をしていました。
 (その時の様子はそのうち裏側のブログに載せるつもりです)

千畳敷駅駅名表示
 千畳敷駅にも行ってみました。
 写真はただ普通の駅名の表示なのですが、山形・秋田・青森撮影行 その45で載せた羽後本荘駅のものとは、下部に描かかれているイラスト部分が違っています。
 線区ごとにイラストを変えているのかどうかは不明です。

川部方から見た千畳敷駅ホーム
 川部方から見たホームの様子です。
 元々は臨時乗降所や臨時駅だったため、駅舎も待合室も無いホームだけの簡単な構造です。

千畳敷駅の川部方の様子
 川部方にはすぐトンネルがありました。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

山形・秋田・青森撮影行 その84

驫木駅駅舎内部
 驫木駅の内部に入ってみました。
 見事に何もありません…。
 海を眺めるしか無いようです。

驫木駅東能代方向
 ホームに出て東能代方向を見ています。
 せっかくの海なのに曇っているのが残念、晴れている日に再訪したいです。

驫木駅川部方向
 こちらは川部方向です。
 この先の方で列車を撮影していました。

驫木駅駅名標
 驫木駅の駅名標です。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

山形・秋田・青森撮影行 その83

驫木駅駅舎
 撮影した場所から少し戻って驫木駅にやって来ました。
 曇っているるので分かりにくいですが、駅の向こうは日本海です。

セレナと驫木駅
 愛車セレナと駅の様子です。

驫木駅駅名看板
 駅名の看板はこんな感じです。

建物財産標
 建物財産標を見ると1952年に建てられた物だと分かりました。
 50年以上も海と向き合っているんですね。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

山形・秋田・青森撮影行 その82

 深浦駅付近では上り列車の520Dを撮影するつもりでした。
 陸奥岩崎駅から深浦駅までは16キロ離れているため時間は確保出来たのですが…。

深浦~広戸間の521Dのキハ40 529
 深浦駅の近くで撮影場所を探していたのですが、見つからない内に520Dは通過してしまい、521Dもやって来てしまったので、とりあえず写しただけになっています。
 先頭がキハ40 529なのは確認出来ました。
 実はすぐ近くに良い撮影ポイントが在ったのですが、見つけたのは撮影した直後なので残念。

驫木~風合瀬間の521D 1
 また10キロほど走ったところで海を入れて撮影出来る場所を見つけたので、521Dを待ちました。

驫木~風合瀬間の521D 2
 この場所は驫木~風合瀬間になります。
 この後は遅い車にペースを押さえられてしまったので、521Dの撮影はここでの撮影が最後となっています。
 35キロ近い距離で何度も同じ列車を撮影し続けるとは思いませんでしたね。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

山形・秋田・青森撮影行 その81

陸奥岩崎駅駅舎
 今度は陸奥岩崎駅に寄り道です。
 電話ボックスが高いところにあるので、ここは雪が積もる場所なのでしょう。

陸奥岩崎駅駅舎入口
 陸奥岩崎駅駅舎入口です。

陸奥岩崎駅川部方向
 ホームから川部方向を見ています。
 かつては交換可能駅だったようで使われなくなったホームの跡も見えます。

陸奥岩崎駅東能代方向
 反対方向の様子。

陸奥岩崎駅駅名標
 陸奥岩崎駅の駅名標です。 

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ