趣味の総合サイト ホビダス
 

96 ◆ 福島県 ◆

水沢化学専用線&会津乗り鉄の旅 その39

130307-120x.jpg
 会津高原尾瀬口駅を出発してから30数分、前方に貫通扉を開いた6050系の姿が見えました。
 どうやらこの駅で増結が行われるようです。

130307-121x.jpg
 そろそろと前進して距離が縮まっていきます。

130307-125x.jpg
 軽いショックの後列車は停止、ドアが開いてホームに出てみました。
 この駅は野岩鉄道の起点駅である新藤原駅でした。

130307-122x.jpg
 連結部に行ってみると作業は既に終了、幌がつながれていました。

130307-123x.jpg
 新藤原駅では2両が連結され、ここからの東武鉄道区間には4両編成で進みます。

130307-126x.jpg
 隣の鬼怒川公園駅には水色の帯を纏ったスペーシアが停車中でした。
 色が変わったスペーシアを見るのは初めてです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

水沢化学専用線&会津乗り鉄の旅 その38

130307-110x.jpg
 ホームから見た会津高原尾瀬口駅の駅舎です。
 前回来た時は時間が無く駅の様子を撮影していません。

130307-113x.jpg
 乗車している6050系まだまだ浅草は遠い。

130307-114x.jpg
 駅の構内には転車台の遺構があります。
 前年11月に地元の方の清掃作業によって回るようになったとのことです。 

130307-115x.jpg
 島式1面2線のホームを持つ駅です。

130307-116x.jpg
 交換列車は快速「AIZUマウントエクスプレス」でした。
 赤いAT-750・700形の2連がやって来ました。

130307-118x.jpg
 すぐに浅草行きも発車となりここからは野岩鉄道の車窓を眺めながら進みます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

水沢化学専用線&会津乗り鉄の旅 その37

130307-106x.jpg
 会津鉄道の電化区間に入り2駅目で列車交換が行われました。
 電化区間を走る電車は6050系しかありません。

130307-108x.jpg
 交換した駅は会津荒海駅です。

130307-119x.jpg
 東武6050系に乗車したのは初めてなので、運転席の仕切り上部に行き先と列車種別が表示されるのは知りませんでした。
 短い編成をつなげて増結や逆の切り離しを行う関係から表示されているのかな?

130307-109x.jpg
 20分ほどで会津鉄道の終点の会津高原尾瀬口駅に到着しました。

130307-111x.jpg
 ここでも列車交換があり、停車時間に少し余裕があったので車外に出ています。

●● 大きな画像はこちらから ●●

水沢化学専用線&会津乗り鉄の旅 その36

130307-105x.jpg
 乗車してきた列車は終点の会津田島駅に着き、ここから浅草行きの電車に乗り換えます。
 電車は2両編成のため、とりあえず座席をキープしてから撮影したのです。
 会津田島駅構内に停車中の乗車してきたAT-502です。

130307-104x.jpg
 会津鉄道の会津田島~会津高原駅間は野岩鉄道を介して東武鉄道へ乗り入れる列車が走るため電化されています。
 会津田島駅の駅名標とこれから乗車する東武6050系です。
 会津鉄道も同形の電車を1編成2両を所有していますが、東武及び野岩鉄道の車両と一体に運用されているので出会える確率は低くなっています。

130307-102x.jpg
 ここまで乗車してきた列車とこれから乗車する列車。

130307-103x.jpg
 お座トロ展望列車に使用中のお座敷車両AT-103です。
 列車の発車時間が近づいたので会津田島駅での撮影はここまでとなりました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

水沢化学専用線&会津乗り鉄の旅 その35

130307-091x.jpg
 芦ノ牧温泉駅駅構内です。
 昔の国鉄の駅の雰囲気が残っています。

130307-095x.jpg
 交換列車は2両編成でやって来ました。

130307-098x.jpg
 AT-652+AT-651の2連でした。 

130307-100x.jpg
 列車は進み、先の駅で同じ塗装のAT-552とも交換しています。

●● 大きな画像はこちらから ●●

水沢化学専用線&会津乗り鉄の旅 その34

130307-092x.jpg
 芦ノ牧温泉駅で列車交換のため車外に出るれる停車時間がありました。
 猫駅長の「バス」が居る駅で有名になっています。
 前に会津鉄道を撮影に来た時に撮影したと思っていたので、今回は撮影しなかったのですが、昔の記事をみたら来訪時は不在で撮影していなかったのです。
 撮影しておけば良かった。

130307-094x.jpg
 芦ノ牧温泉駅の駅名標です。

130307-093x.jpg
 引退したAT-301は以前と変わらない位置に停車中。

130307-090x.jpg
 元キハ30 18改造のトロッコ気動車のAT-301なのです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

水沢化学専用線&会津乗り鉄の旅 その33

130307-079x.jpg
 次に乗車する列車は5番線に停まっていました。
 4・5番ホームには跨線橋を渡って移動します。

130307-080x.jpg
 5番線で待っていたのは会津鉄道のAT-500形のAT-502でした。

130307-084x.jpg
 会津若松駅の駅名標とAT-502です。
 駅名標の次駅は七日町駅、会津鉄道に入る列車は2駅先の西若松駅まで只見線を走ります。

130307-081x.jpg
 最初とは反対側からの撮影。

130307-086x.jpg
 車内に乗り込みました。
 窓の向こうには乗車してきたキハ110系が見えています。

130307-088x.jpg
 会津若松駅で購入した駅弁は「会津う米(まい)う米(まい)弁当」です。

130307-089x.jpg
 中身はコレ、おにぎり4個とおはぎが入っており、それぞれの米の産地が福島県内で違う物を使用しています。

●● 大きな画像はこちらから ●●

1993年9月11日の磐越西線 その2

 水沢化学専用線&会津乗り鉄の旅 その32で、昔は快速あがの号が新潟色のキハ58で郡山まで走っていたのを撮影したなと書いていますが、写真がありましたので上げてみました。

930911-013x.jpg
 磐越西線の電化区間、関都~川桁間で下りの快速あがの号を撮影しています。
 線路を横切っているのは磐越自動車道、まだこの辺りは開通してから1年経っていなかったはずです。
 当時は一般道を夜中に走って撮影に行っていたなと。

930911-015x.jpg
 キハ58系3連の列車が磐梯山に向かって行きました。
 最後尾はキハ58 644でした。

 ちなみに以前ブログで上げたDD51形牽引50系客車列車と同じ日の撮影です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

水沢化学専用線&会津乗り鉄の旅 その32

130307-077x.jpg
 快速あがの号は定時に会津若松駅に到着しました。

130307-075x.jpg
 1番線から見た乗車してきたキハ110系3連です。
 昔、新潟色のキハ58で郡山まで走っていたのを撮影したなと。

 会津若松駅で次の列車までの乗り継ぎ時間が30分弱なので駅弁を購入してこの先の車内で食べることになりました。

130307-078x.jpg
 弁当の買い物を終えて再び2番線へ、頭端式の構造に改造したお陰で2・3番線にも階段を使わなくて移動できます。
 個人的には無理矢理線路を断ち切った様な感じがして気持ち悪い構造ですが…。

130307-083x.jpg
 留置線には719系が停車中でした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

水沢化学専用線&会津乗り鉄の旅 その31

130307-069x.jpg
 快速あがの号は快調に走り東下条駅が見えてきました。
 快速なので通過です。 

130307-070x.jpg
 車内から見た三川駅駅舎です。
 DD53ばんえつ物語号のバルブ撮影にチャレンジして失敗した思い出が蘇った…。 

130307-071x.jpg
 津川駅では列車交換がありました。
 この駅でもバルブ撮影したなと。

130307-073x.jpg
 田んぼが雪で真っ白け。
 上野尻~野沢間かな?

130307-074x.jpg
 喜多方駅では東北地域本社色のキハ40形が停車中。
 写真はキハ40 578です。
 行程に余裕があれば喜多方ラーメン食べたのに。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ