趣味の総合サイト ホビダス
 

甘木鉄道

福岡・熊本撮影行 その56

130607-295x.jpg
 大刀洗平和記念館の見学を終えて太刀洗駅に戻りました。
 やって来た列車はAR401卑弥呼号でした。

130607-298x.jpg
 途中駅でAR301と交換。

130607-299x.jpg
 松崎駅での交換でした。

130607-301x.jpg
 車窓を眺めている内に終点の基山駅に到着です。

130607-303x.jpg
 左の線路が甘木鉄道の線路、右が鹿児島本線の線路です。

130607-304x.jpg
 基山駅の駅名標を撮影、乗り換え時間か短かったので甘木鉄道の最後のカットとなりました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

福岡・熊本撮影行 その55

130607-276x.jpg
 太刀洗駅は無人駅ですが、有人駅時代の駅舎が「太刀洗レトロステーション」と言う名の展示施設として現存しています。
 そして画面右側に何かが…。

130607-277x.jpg
 駅前にいきなり航空自衛隊の訓練機T33が置かれているのでした。
 駅前に飛行機がある駅は他に無いでしょう。
 このT33は自衛隊から借りている形のようですね。

130607-278x.jpg
 現在の駅入り口は旧駅舎の脇というか隙間というか、そんな感じにあるのです。

 ここからは珍しく鉄道からちょっと離れて、大刀洗平和記念館に向かいました。
 その様子は気が向いたら裏側のブログに上げたいと思います。

●● 大きな画像はこちらから ●●

福岡・熊本撮影行 その54

130607-271x.jpg
 甘木駅からは太刀洗駅まで移動します。
 切符は200円です。

130607-272x.jpg
 7分ほど気動車に乗車するともう太刀洗駅に到着しました。
 この駅から以前はキリンビールの工場へ専用線が出ていたりしましたが、車窓から少し見ただけで終了。
 廃線跡探索はやりません。

130607-273x.jpg
 島式ホームを持つ太刀洗駅から乗車してきたAR305が発車していきます。

130607-274x.jpg
 基山へ向かう列車を見送って、駅前に出てみます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

福岡・熊本撮影行 その53

130607-261x.jpg
 甘木駅ホームです。
 そろそろ列車が到着します。

130607-263x.jpg
 最初に撮影したAR305が再びやって来ました。

130607-267x.jpg
 この車両に乗って次の場所へ移動することにします。

130607-268x.jpg
 室内の様子です。

130607-269x.jpg
 シート配置はセミクロスとなっていました。

130607-270x.jpg
 運転席の機器類です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

福岡・熊本撮影行 その52

130607-245x.jpg
 続いてAR307を見ています。
 カラフルな車両を見た後だと物足りない感じがします。 

130607-249x.jpg
 車体に貼られているイラストは「レビット君」、甘木鉄道のマスコットキャラクターです。

130607-251x.jpg
 AR307を逆エンドから撮影しています。

130607-253x.jpg
 こちらはAR306、AR307とはほとんど区別が付きません。

130607-254x.jpg
 銘板を見るとAR306は新潟トランシス2006年製造でした。

130607-258x.jpg
 こちらはAR302の銘板です。
 今は鉄道車両の製造から撤退した富士重工2002年製造です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

福岡・熊本撮影行 その51

130607-243x.jpg
 甘木駅の駅名標とAR401。

130607-241x.jpg
 再び側線の車両を見ます。
 洗車機の向こうに緑系統のAR300形が留置中。

130607-246x.jpg
 反対側から。
 洗車する場所も大事な留置場所の一つ。

130607-247x.jpg
 このAR304の塗装は国鉄一般色もどきのAR303の色違いになっています。

130607-255x.jpg
 正面からのAR304です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

福岡・熊本撮影行 その50

130607-236x.jpg
 ホームに上がって側線の車両を見ていきます。

130607-237x.jpg
 AR300形のAR302は青系の2色を使い、扉部分がオレンジになっています。

130607-238x.jpg
 側面のドアは換気のため開け放たれていたので、オレンジ色が隠れていました。

130607-239x.jpg
 ホームの上に案内板が出ていました。

130607-240x.jpg
 駅に停車中はエンジンを停止しているようです。
 昔の気動車だと始動性にも問題があってエンジンは回しっ放しが当たり前でした。
 あのカラカラ音が良いんですが、確かにエコでは無いですね。

●● 大きな画像はこちらから ●●

福岡・熊本撮影行 その49

130607-231x.jpg
 改めて駅舎前の側線にいたAR401の様子です。

130607-230x.jpg
 この車両は卑弥呼号と呼ばれているイベント対応車両です。
 AR300形とは車内のシート配置などが違います。

130607-235x.jpg
 ホームから見た駅舎の様子。
 雨対策で改札からホームまで屋根が付けられています。
 電化区間だとこんな簡単には作れません。

130607-233x.jpg
 こちらはホーム側から見ています。
 イラストはどちら側も同じようです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

福岡・熊本撮影行 その48

130607-226x.jpg
 今回は甘木駅駅舎内の様子です。 

130607-227x.jpg
 改札越しに2両の気動車が見えています。

130607-228x.jpg
 自動券売機の上にはレールバスきっぷうりばと書かれていました。

130607-229x.jpg
 朝倉東高校書道部による『書』が掲出されていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

福岡・熊本撮影行 その46

 2013年9月12日(木)、本日は朝のブログで上げた通りで水島臨海鉄道の撮影をしていましたが、早朝から歩き回って疲れてしまったため(万歩計2万9千歩になってました。)予定を繰り上げてすでに宿に入りました。
 水島臨海鉄道の画像は明日の朝に上げることにして、甘木鉄道ネタの続きです。

130607-198x.jpg
 昼食後、再び小石原川橋梁で列車の撮影です。

130607-202x.jpg
 やって来たのはAR305、これで在籍車両を全部確認できました。

130607-204x.jpg
 甘木駅構内は曲がっているため、橋梁の袂にある踏切からは見えません。

130607-207x.jpg
 しばらく待ち、折り返し列車となったAR305が駅構内から出てきます。

130607-210x.jpg
 派手な塗装の車両をしっかり見た後なので、オリジナルカラーは物足りない感じがしました。

130607-213x.jpg
 橋梁を渡った先で上り勾配になっているため、エンジンを吹かして加速して去って行きました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ