趣味の総合サイト ホビダス
 

北陸鉄道

石川・長野撮影行 その47

110828-427x.jpg
 車両基地の建物脇には7000系電車が留置中。

110828-428x.jpg
 建物の中にを覗いてみたいのですが、シャッターは閉まっていました。

110828-430x.jpg
 最初の跨線橋へ戻って出発した7000系を撮ったら、手前に白い物がぶら下がっていたのに気が付いていなかったりします。
 初日の鉄道撮影はこれで終了となりました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その46

110828-421x.jpg
 駅舎脇から覗いたところです。
 奥が7700系、手前が7000系です。

110828-422x.jpg
 先頭車化改造の7000系は先頭の形状がシンプル過ぎます。
 お世辞にも格好良いとは言えません。

110828-425x.jpg
 車両基地の周りには色々な物が置かれています。
 長野総合車両センターと書かれた入れ物は、遠州鉄道とか他の車両基地でも見たような気がしますが、払い下げでもあったのでしょうか?

110828-426x.jpg
 ここは保線作業用の道具が置かれていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その45

110828-417x.jpg
 鶴来駅の構内を加賀一宮側から見たところです。
 現役で使用しているホームは右側の2面2線になります。

110828-416x.jpg
 駅構内は加賀一宮方向に行くと右にカーブして先が見えません。
 ここは廃止前とあまり変わっていないのです。

110828-418x.jpg
 鶴来駅の駅舎です。

110828-419x.jpg
 鶴来駅の入り口です。

110828-420x.jpg
 駅舎の一角はバス乗り場の待合所になっています。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その44

110828-411x.jpg
 一見するとただの道路ですが、以前は踏切がありました。
 鶴来駅を出て加賀一宮に向かう最初の踏切でしたが、警報器、遮断機はなくなっています。

110828-413x.jpg
 ここも他の場所と同様にレールが残ったままの状態でした。
 奥が加賀一宮方向になります。

110828-414x.jpg
 踏切の先で線路は右に曲がり七ヶ用水に架かる鉄橋に至ります。
 線路の右側の青い建物などが建っている場所は、以前は能美線の本鶴来駅が在った場所でもあります。

110828-412x.jpg
 踏切から鶴来駅方向を見たところです。
 現役の線路と廃線跡に残る線路は分断されて、間に架線柱が立っていました。
 左のスペースが能美線の廃線跡です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その43

110828-404x.jpg
 鶴来駅の2番ホームには7000系、側線には7700系が停まっています。

110828-405x.jpg
 ステンレス車はあまり好きではないのですが、7700系のスタイルは好きなのです。

110828-409x.jpg
 位置を変えて駅構内の様子です。
 7700系の右横に空いている線路は能美線のホームとして使用されていた3番線です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その42

 北陸鉄道石川線の現役線側にやって来ました。

110828-395x.jpg
 鶴来駅の野町方には跨線橋があり、そこから駅構内を見ています。
 左の建物は鶴来駅に隣接する車両基地の建物です。
 下に見える線路のうち左側が側線であり、昔ここに来た時にはモ3752等の車両が留置されていたのです。
 そのモ3752が今ではポッポの丘にあるのですが、その時には千葉県に来るとは想像も付きませんでした。

110828-396x.jpg
 車両基地の建物の横には、両側にラッセルヘッドを付けたED20形のED201が留置されています。
 1938年製の歴史のある電気機関車です。

110828-402x.jpg
 移動して建物の向こう側に行くと7000系が留置されていました。
 細かく言うと中間車を先頭車化改造した7200形になります。

110828-403x.jpg
 進路確認!
 石川線のこの先の進路は安泰だと願います。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その41

110828-390x.jpg
 鶴来~中鶴来間にあった踏切の様子です。
 線路側に柵が設置されて侵入できなくしてあるだけで、線路はそのままです。

110828-391x.jpg
 踏切から加賀一宮方向を見たところ。

110828-389x.jpg
 こちらは鶴来方向を見たところです。

110828-388x.jpg
 七ヶ用水に架かる鉄橋もそのまま残っています。
 石川線の鉄橋の向こうには能美線の鉄橋も残っており、2本の廃線の鉄橋が並んでいました。

110828-394x.jpg
 線路跡はそのまま鶴来駅方向へ向かっていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その40

110828-379x.jpg
 今度は中鶴来駅の跡に移動してきました。

110828-380x.jpg
 中鶴来~加賀一宮間の様子です。
 この付近で列車撮影したのは遠い昔ではないのですが、もう2度と見られなくなってしまいました。

110828-382x.jpg
 ホームも線路も健在ですが、この駅も線路の上は草で覆われていました。

110828-383x.jpg
 駅名標も消え、枠だけが虚しく残ります。

110828-384x.jpg
 待合室の窓には、加賀一宮駅の駅舎と同様に板が打ち付けられて塞がれていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その39

110828-368x.jpg
 加賀一宮駅の先、線路終端部方向を見ています。
 この先は1987年に廃止となった金名線の廃線跡でもあります。

110828-369x.jpg
 加賀一宮駅の駅舎は窓やドアが板で塞がれた形で残っていました。
 この先はどうなるのでしょう。
 趣のある駅だっただけに壊すのはもったいなく感じます。

110828-371x.jpg
 駅入り口前には加賀白山バスの一の宮バス停がありました。

110828-373x.jpg
 廃止されたのに伴い駅構内は立入禁止です。

110828-372x.jpg
 駅舎の横からホームの様子を見たところです。

110828-373x.jpg
 駅跡近くにあった「がんばれ北陸鉄道石川線」の看板、全線廃止になったわけではないのですが、残念ながらこの場所は残せませんでした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その38

110828-362x.jpg
 踏切跡にあった看板です。
 廃止となって1年9ヶ月経ちました。

110828-363x.jpg
 その踏切跡の様子です。

110828-364x.jpg
 踏切から見た線路の様子です。
 奥に加賀一宮駅が見えています。

110828-365x.jpg
 加賀一宮駅の駅舎は残っていました。 

110828-367x.jpg
 線路終端側から見たところです。
 ここも多くの草に覆われていました。
 続く…。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ