趣味の総合サイト ホビダス
 

92 ◆ 石川県 ◆

きたぐに&日本海お名残乗車と撮影行 その52

120111-372ux.jpg
 機関車との連結面の日本海のマークです。

120111-373x.jpg
 ドア上部のB寝台の標記と★★★。
 近くで見ると車体がゆがんでますね。

120111-374x.jpg
 赤く光る車側表示灯。

120111-376x.jpg
 静かにホームに停車している姿が本来の姿ですね。
 大阪駅は慌ただしくていけません。

120111-377x.jpg
 客車のデッキからホームを見たところ。

120111-378x.jpg
 車内へのドア。

120111-379x.jpg
 乗車していたのはオハネ24 7でした。
 1973年に製造された24系客車の一員です。

●● 画像が開かなければこちらから ●●

きたぐに&日本海お名残乗車と撮影行 その51

120111-364x.jpg
 北陸本線区間に入り特急サンダーバードを待避するために少し長めの停車時間の駅がありました。
 ここで大阪駅で撮影出来なかった後部の様子などを撮影しています。

120111-365x.jpg
 停車していたのは加賀温泉駅です。

120111-366x.jpg
 窓に並ぶアルコール飲料の空き缶。
 鉄道の旅はこれが出来るのが良いのです。

120111-368x.jpg
 機関車側に行くとハイビーム、少し雪が舞っていました。
 浴衣で撮影に来ていた人居たけど寒かっただろうに。

120111-370x.jpg
 EF81 104の側面のナンバーとメーカーズプレート。

120111-371x.jpg
 運転席で薄緑色に光るメーターが何か良い感じでした。
 余計な物が映り込んでいますがね。

●● 画像が開かなければこちらから ●●

石川・長野撮影行 その93

110829-351x.jpg
 すっかり暗くなったので2日目の撮影もそろそろ終わりです。
 能登中島駅に再びやって来ています。

110829-353x.jpg
 夜のローカル線の駅には何とも言えない雰囲気が漂います。

110829-355x.jpg
 上りホームから駅舎側待合室を撮影したところです。
 所々に裏側ネタが混ざっていたり。

110829-360x.jpg
 夜の駅構内。
 もうじき下り列車がやって来るのです。

110829-364x.jpg
 やって来た列車は2連でした。
 先頭はNT204です。 
 この撮影が2日目の締めとなりました。

 この後は和倉温泉に行って総湯に浸かってから、3日目の目的地へ向かいました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その92

 矢波駅跡続きです。

110829-347x.jpg
 待合室の横のホームは削り取られて通路が設けられてました。

110829-349x.jpg
 通路の先は階段があり、その先が広くなっています。
 こちら側が本来の駅前の様です。
 駅前商店も存在します。

110829-348x.jpg<
 広場側から見たところです。
 鉄道が廃止となってバスが代わりになったのですが、元の駅前まで入って来ないで線路の向こうの国道を走るため、ホームを削って通路を作ったようです。
 ホーム上の待合室もバス用に使っているらしいです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その91

110829-343x.jpg
 北鉄奥能登バスの矢波弁天停留所です。
 目的はここでは無く後ろに見えている矢波駅の跡です。

110829-346x.jpg
 道路より一段高い場所に矢波駅のホームが残っています。
 奥が蛸島方向です。

110829-344x.jpg
 こちらは穴水方向を見たところ。

110829-350x.jpg
 ホーム上には待合室も残っていました。
 矢波駅跡続きます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その90

 宇出津駅跡の撮影が終わった時点で時刻は17時半になっていす。
 さすがにこの先を行っても暗くなってしまうので、飛ばした駅を戻りながら撮影することにしました。

110829-332x.jpg
 藤波~宇出津間でみつけたコンクリート橋梁を撮影しています。
 切り通しから橋梁、築堤と線路跡は続いていました。 

110829-334x.jpg
 藤波駅跡は通り過ぎてしまったので、そのまま波並駅跡に行きました。
 ホームは残っている物の、ここも草が多くて状態が分かりづらくなっています。

110829-333x.jpg
 道路からホームへの途中にあった看板。

110829-335x.jpg
 左が線路跡になるのですが…。

110829-336x.jpg
 道路より一段高い場所を能登線は走っていました。
 奥が蛸島方向です。

110829-337x.jpg
 道路から見た駅の様子です。
 海が近い駅でした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その89

 また宇出津駅跡続きです。

110829-321x.jpg
 ホームから見た駅舎の裏側です。
 駅舎への入口に「ようこそいらっしゃいました」と歓迎の看板が残っていました。
 (今年の春に駅舎は解体されるようです

110829-322x.jpg
 構内には蒸気機関車が走っていた時代の給水塔も残っています。

110829-323x.jpg
 構内の蛸島方に行くと線路跡は突然道路に変わり、さらにその先にはトンネルが見えています。

110829-324x.jpg
 トンネルには「よ」と書かれた表示が見えています。
 のと鉄道には49のトンネルがありいろは順に表示が付けられていました。
 正式なトンネル名は第二宇出津隧道のようです。

110829-325x.jpg
 振り返って構内の様子です。
 廃止前にはのと鉄道の本社が入る主要駅だったのでした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その88

 宇出津駅跡続きです。

110829-328x.jpg
 待合室はそのままバスの待合室として活かされているので中に入ってみました。
 のと鉄道のマークが残っています。

110829-329x.jpg
 反対を向くと切符売り場の跡と切符の販売機が残っています。
 閉じられたままのシャッターが寂しいのです。

110829-318x.jpg
 線路側に出てみるとホームへの構内踏切が残っていました。

110829-316x.jpg
 構内踏切を渡ると島式のホームに繋がっています。
 奥が穴水方向です。

110829-320x.jpg
 ホームの上にはベンチや番線表示も残っていました。
 宇出津駅跡また続きます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その87

110829-310x.jpg
 七見駅の次は間の駅を3つ飛ばして宇出津駅の跡にやって来ました。
 ここはバスのターミナルとして使われているため、ぱっと見は廃線の駅には見えません。

110829-311x.jpg
 よく見ると腕木式信号機を使った看板があります。
 観光案内所のポッポ家の看板でした。

110829-313x.jpg
 駅名の看板もそのまま残っていますが、手前にバスが停まっているため正面からの駅舎全体は撮影出来ませんでした。

110829-330x.jpg
 「半島の夢のせ走るマイレール」、駅舎の入口には悲しい看板も残っていました。
 宇出津駅跡続きます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

石川・長野撮影行 その86

110829-305x.jpg
 鵜川駅から隣の七見駅跡にやって来ました。
 路盤が国道と平行した位置に駅はあり、写真の左側にホームがあったと思われます。
 写真の奥が穴水方向になっています。

110829-306x.jpg
 振り返った位置には七見駅を名乗るバスの待合室がありました。

110829-308x.jpg
 バス停のホールを見ると能登七見の停留所です。
 元々この位置にバス停があり、小さな待合室があったのが、立派な待合室に建て直されたのでした。

110829-307x.jpg
 バス停の横にあった踏切跡には、踏切の柵が残っていました。

110829-309x.jpg
 待合室の裏を見ています。
 待合室は路盤の上に一部がかかっていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年6月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ