趣味の総合サイト ホビダス
 

【未成線】 真岡(長倉)線

真岡(長倉)線未成線を歩く その1

 昨日のブログに引き続き2007年4月1日(日)のネタの続きです。
 筑波鉄道真壁駅跡を見た後、用事のあるG氏を水戸線の新治駅で降ろし、残った3人で真岡鉄道の北真岡ー西田井間で下りのSL重連列車を撮影、さらに茂木駅まで移動してSL列車の構内入れ替えを撮影しています。
 上りのSLまでは少し時間があったので、国鉄真岡線の延長予定区間が途中まで建設されていたので、探索することにしました。
 この未成線は、茂木駅から水郡線の玉川村までの路線として計画され、途中長倉という集落を経ており、建設の終点をとりあえず長倉にしたため、長倉線という工事線名が付いています。
 SLの入替えを茂木駅で撮影後、未成線の築堤を横に見ながら少し先の区間まで移動します。
 未成線跡は築堤の先、道路に吸収されたりする区間もありますが、終点に向かって右側に併走しています。
 道路と一旦離れて再び道路と交差する場所が小井戸地区にあり、その地点から道路とは別ルートになります。
 未成線跡は農道として利用されているようで、砂利道になりますがあまり草も生えていません。

長倉未成線のコンクリート橋
 道路から分かれて少し進むと、川を渡るためにコンクリー橋が現れます。

長倉未成線の切り通し
 コンクリート橋の先で山裾に接近しており、切り通しで未成線跡は抜けています。

長倉未成線の築堤
 コンクリート橋の脇の一段高いところからだと、築堤が続いているのが分かります。
 右側が茂木方面になります。

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ