趣味の総合サイト ホビダス
 

電気化学工業青海工場専用鉄道

新潟・富山撮影行 その7

 しばらくするとDS-6を先頭に列車が戻ってきました。
 機関車のボンネットに描かれた軍配マークが格好良いのです。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

新潟・富山撮影行 その6

 DS-6は以前にも書きましたが、国鉄のDD16タイプの機関車です。
 民間にはDD13タイプは多く導入され、DE10タイプも少し導入されましたが、DD16タイプはこの1両だけなので貴重な存在です。
 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

新潟・富山撮影行 その5

 ディーゼル機関車DS-6が登場しました。
 車庫のある建物から原石線には直接繋がっていないため、ヤードの端まで出て来て、転線して原石線へ向かいます。

 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

新潟・富山撮影行 その4

 今度はデンカ青海工場専用線にやってきました。
 ここにはJRの青海駅と結ぶ線路と、工場内のみで石灰石を運ぶ線路が存在していましたが、鉄道輸送を止めてしまっていますので、青海駅側は使用されなくなっているはずです。


 …… すべてを見る

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

2008年富山撮影旅行 その60

黒い建物の横からの様子
 もう少しじっくり観察してみました。
 建物の横から踏切側を見た写真です。
 この位置からだと畑に草花が育っており、線路は見えません。
畑の間の線路
 畑を荒らさないように線路を撮影しました。
 よく見ると分岐しているようです。
分岐点のアップ
 分岐点の様子です。
 猫もやっぱりが気になっているようで一緒に見ていました。
 ここで分岐して駅の方へ向かっており、その途中に黒い建物があります。
 線路との位置関係から、黒い建物自体は線路を使わなくなってから建てられている感じです。
 今回の3枚は仮設住宅氏の撮影した写真を使用しています。

2008年富山撮影旅行 その59

 黒い建物の後ろ側に回ってみました。
橋台か?
 建物の後ろには道路があり、その道路を挟んだ場所を撮影しています。
 何となく橋台だったのではないかと思われる形の石垣があります。
建物と橋台の位置関係
 橋台と建物の位置関係です。
 高さ的にもほぼ同じであり、この場所に橋が架かっていたとしてもおかしくはない感じです。
 橋台側は青海駅の敷地になっています。
橋台側から建物側を見る
 右上の踏切からこちら側に向かって線路があるのですが、この位置からだと全く分かりません。

2008年富山撮影旅行 その58

 青海に来る度に探していたモノの中に、ナローの線路跡がありました。
 トワイライトゾーンマニュアルにも載っていたので、一回は見ておきたかったのですが、いつも場所が分からずじまいで終わっていたのです。
 今回はやっと発見できたので、撮影することが出来ました。
畑の中に残るレール
 畑の中にレールが残っていました。
 猫も気になっている様子です。
畑の中に残るレール 2
 レールの先には黒い建物が建ってました。
デンカ専用線との位置関係
 2枚目の写真と反対を向いて撮影した写真です。
 左下にレールが少しだけ見えているのがお分かりでしょうか?
 真っ直ぐ進むとデンカ専用線の線路と位置が重なるように見えますが、微妙に右カーブしていた感じで自転車が置いてある方向に向かっていたようです。

2008年富山撮影旅行 その57

 本日はこれからムーライトながらに乗って西へ向かいますので、明日の分のネタを前倒しします。
線路道路道路線路
 デンカ青海工場構内の電光表示板やヤードが見える場所は、デンカ専用線の上に掛かる道路の陸橋です。
 さらにそこより高い位置に北陸自動車道の高架橋が架かっており、更にそれら全てを跨ぐように、建設中の北陸新幹線の高架橋が架かっています。
 狭い場所に線路、道路、道路、線路とよくもまあこれだけ重ねたものだと思います。
 写真はその部分にある信号機です。
 この信号機は一見すると自動車用の信号機に見えますが、実はデンカ専用線の信号機なのでした。
角度を変えて信号機
 陸橋側から見ると後ろ向きになってしまうので、見落としがちな存在です。
 陸橋の反対側にも構内に入る列車に対する信号機が立っています。
踏切から見た線路の様子
 場所を変えて踏切に行ってみました。
 構内を覗いた時に線路が光っている様な気がしたので、よく見てみると伸びていた草もレールの上で潰されており、駅との間でも車両の動きがあったことになります。

2008年富山撮影旅行 その56

構内の謎の車両? 1
 構内に黄色く塗られた物置がありましたが、車両のようにも見えます。
構内の謎の車両? 2
 横から見るとこんな感じです。
構内の謎の車両? 3
 角度を変えてもう1枚です。
 これはいったい何なのでしょう?
 かなり気になりました。

2008年富山撮影旅行 その55

デンカ青海工場
 ヤードの奥に機関車が見えたので、工場の壁に沿って少し先まで歩いてみました。
 この道路自体はデンカの準構内扱いですが、ただ歩くだけなら大丈夫なようです。
 平日などは大型車が多く通るので、注意が必要です。
デンカ工場内のDS-6
 奥の方に行くと壁が高くなり構内は見えなくなってしまいます。
 ジャンプして壁の中を見ると機関車の横に来ていたので、壁の上にカメラだけ出して勘で撮影してみました。
 モニターで確認すると、DS-6と言う機関車が写っていました。
 JRでいうとDD16がベースの機関車で、今回初めて撮影できました。
 DD13やDE10をベースにした私鉄向け機関車はそれなりに製造されましたが、DD16タイプはこの1両だけなので、貴重な車両になるのでしょう。
DS-6とホッパ車
 DS-6の手前右には石灰石らしいモノを積んだホッパ車が止まっています。
 JRでの輸送は無くなったのですが、構内だけの砕石線側はまだ運行しているのかもしれません。
 確認はしていないので分かりませんが…。
デンカ構内奥側から
 写真左奥の建物が機関庫だと思われますが、中は見えません。
 手前に来ている2本の線路と線路跡は、セメントのホッパーに繋がっていたのですが、既にホッパーの下の線路は剥がされていました。

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ