趣味の総合サイト ホビダス
 

【廃線】 住友金属鉱山下部鉄道

四国撮影行 その31

110612-204x.jpg
 またトラス橋を横から見ています。
 奥には先程の赤いトラス橋も見えています。

110612-205x.jpg
 トラス橋と第四通洞の坑口です。

110612-207x.jpg
 坑口の対岸側から見たところです。

110612-206x.jpg
 この橋梁と第四通洞も琴電屋島駅と同様に近代化産業遺産になっています。
 ここの写真を見ると昔は複線だったのです。
 ちなみにこの橋梁の名前は四通橋でした。

110612-208x.jpg
 場所は離れていますがこんなレリーフもありました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

四国撮影行 その30

110612-198x.jpg
 マイントピア別子内の同じ川にはもう1本のトラス橋が架かっていました。

110612-203x.jpg
 正面に回るとここにもレールが残っています。

110612-201x.jpg
 レールをよく見ると橋の手前で平面クロスしていた跡が残っていました。
 現役時代は鉱山内を縦横無尽に線路があったと思われます。

110612-199x.jpg
 橋を渡ってきた方の線路はそのまま第四通洞に吸い込まれていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

四国撮影行 その29

110612-186x.jpg
 ぐるっと歩いてトンネルの反対側に回ると、トンネルを出たところで赤いトラス橋で川を渡っていました。
 この鉄橋も下部鉄道で使用したものをそのまま使用しています。

110612-188x.jpg
 トンネルを抜けて蒸気機関車が現れました。

110612-189x.jpg
 実際は蒸気機関車の形をした電気機関車がトロッコ客車を牽引しています。

110612-193x.jpg
 列車は終点駅に到着しました。
 よく見ると2本のレールの横にもう1本レールが見えています。
 確認したわけでは無いのですが、第三軌条式の集電方式を採用しているようです。

110612-197x.jpg
 少し離れて横から見た赤いトラス橋です。
 谷を渡る赤い鉄橋は絵になります。

●● 大きな画像はこちらから ●●

四国撮影行 その28

110612-181x.jpg
 マイントピア別子では、住友金属鉱山下部鉄道の線路跡を利用して、展示施設への足としての鉄道を走らせています。
 煉瓦造りのトンネルにその列車が吸い込まれていくところです。

110612-183x.jpg
 トンネル手前に架かる橋から見た線路の様子です。
 トンネルとは反対側を見ています。

110612-182x.jpg
 こちらはトンネル側の様子。

110612-184x.jpg
 立派な煉瓦造りのトンネルが現役として使用されているのが嬉しいところです。
 元々は一般の目に触れなかった場所なのでなおさらです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

四国撮影行 その27

 新居浜駅付近での住友金属鉱山下部鉄道の廃線跡を見た後は、テーマパークのマイントピア別子に向かっています。
 途中で下部鉄道のトンネル跡などを見ながら30分ほどで到着しました。

110612-175x.jpg
 マイントピアの駐車場の横の少し高くなった場所に下部鉄道の線路跡があります。
 奥はフェンスがあってその先には行けないようです。

110612-176x.jpg
 脇を見ると巨大なコンクリート製の施設がありました。
 何の施設だったのかは不明です。

110612-173x.jpg
 カーブする線路跡の様子です。

110612-174x.jpg
 線路の跡は広くなって先まで続いており、鉱山で使用していた車両が展示されているのが見えていますが、フェンスがあるためここから先は辿れません。

110612-177x.jpg
 脇の道に回ってしたから展示された車両を見上げています。
 先頭にはローダーが置かれていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

四国撮影行 その26

110612-160x.jpg
 跨線橋の上から新居浜駅の松山方向を撮影しています。
 右に見えているホームの向こうには、昔は住友金属鉱山下部鉄道が発着していました。

110612-164x.jpg
 住友金属鉱山下部鉄道の線路があった辺りから新居浜駅を見たところです。
 歩道には線路の模様が描かれており、ここに線路があったことを偲ばせます。

110612-167x.jpg
 歩道は予讃線に沿って進み、最初の道路と交差した後、右にカーブしていきます。

110612-168x.jpg
 道路を越えるためにカーブしながら上り坂になっていますが、後から直された感じもします。

110612-169x.jpg
 道路と川を越えた場所まで来ました。
 この辺りは整備されておらず、そのまま歩行者自転車道に転用されています。

110612-170x.jpg
 線路跡はまだ先まで続いているのですが、大雨のためここで終了しています。

110612-171x.jpg
 予讃線沿いに場所にはここに線路があった案内板も建てられていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ