趣味の総合サイト ホビダス
 

樽見鉄道

2000年夏の名鉄撮影行 その25

 2000年8月4日(金)、名鉄撮影行3日目は樽見鉄道の撮影からスタートしています。

000804-02x.jpg
 神海駅に大垣行きのハイモ230-312がやって来ました。 

000804-04x.jpg
 振り向くと遠くに神海駅のホームがあります。
 ちょうど下り列車と交換となりました。

000804-06x.jpg
 下り列車はハイモ230-301です。
 ぱっと見ただけだと複線区間に見えるほど構内有効長が長くなっています。
 薄墨桜が咲く時期にはJR東海からの臨時直通列車が乗り入れることもあるために長くなっているのだと思われました。

000804-07x.jpg
 神海駅の駅舎です。
 国鉄樽見線の時代から第三セクターに移った後も樽見駅まで延長開業するまでは終着駅でした。
 駅舎は開業時からの物を引き続いて使用しています。
 国鉄時代は『美濃神海駅』と名乗っており、駅舎にある駅名の表示は『美濃』部分を剥がしただけでそのまま使用しています。

000804-08x.jpg
 樽見鉄道になってからの開業区間は蛇行する根尾川に対して直線近い状態で走り、特に鍋原~日当間では4回も渡っています。
 写真は第六根尾川橋梁を渡っていくハイモ230-312です。
 この後、樽見駅まで行っているのですが、全く撮影しないで名鉄の撮影に戻っています。

●● 大きな画像はこちらから ●●

2000年夏の名鉄撮影行 その23

 名鉄谷汲線撮影の後、近くを走る樽見鉄道の撮影も行いました。

000803-70x.jpg
 樽見鉄道は谷汲口駅付近で根尾川をトラス橋の第一根尾川橋梁で渡ります。
 トラス橋の向こうから列車がやって来ました。

000803-71x.jpg
 やって来たのはハイモ230-312でした。
 池田満寿夫さんがデザインした1両だけのカラーリングの車両なので車番が特定できました。

000803-75x.jpg
 こちらは根尾川を渡っていった列車です。

000803-D4x.jpg
 谷汲口駅にも立ち寄ってみました。
 駅名標と保存されていた旧型客車が写っています。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年7月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ