趣味の総合サイト ホビダス
 

【廃線】 神岡軌道

富山撮影行2010 その42

 再び国道に戻って神岡軌道の跡を探します。
 前にこの沿線を通った時に、トンネル跡らしきものを見た覚えがあり、じっくり見ていきます。


 探した甲斐があってなんとか発見。
 記憶と逆向きでしたが、見つけることが出来ました。


 左の道路が国道です。
 奥が猪谷方向になります。
 でも昔見た時は、奥飛騨温泉口に向かって車を走らせている時に見たので、どう見ても逆向きなのです。
 同行の仮設住宅氏の記憶も同じ。
 別の場所にも在ったのだろうか?
 じっくり神岡軌道の跡を探索すると、隧道跡もあちらこちらにあるようですが、今回はここが確認出来ただけで十分です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その41


 神岡鉄道の漆山駅跡から再び国道に戻り、奥飛騨温泉口方向に進みます。
 神岡軌道の路盤跡らしきものを道路左側にして走り、スノーシェッドを抜けたところで左に分かれる小道があったので、軌道跡と交差していたのではと思いちょっと停まってみました。
 近くには小さな沢があり、国道に並行する横に橋台を発見しました。
 コンクリートの橋台が両側に残っていましたが、ここは国道を直す前の道路跡の様です。


 ふと国道の橋の下を覗くとそこにはガーター橋らしきものが転がっていました。


 国道の橋の上から覗くとこんな感じです。
 何らかの原因で崩れ落ちてしまったのでしょう。
 この橋が神岡軌道のものだそうです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その39


 神岡軌道の跡を辿ると、山の斜面を切り欠いて路盤を確保していたのが良く分かりました。


 軌道跡を進むと鳥居があり、奥に社がありました。


 更に先には民家も現れました。
 軌道跡はまだ続きますが、時間の関係もあってここで引き返しとしました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その38


 今度は神岡町の土と言う場所にやってきました。
 前方に見えている橋が神岡軌道の跡だと思われます。
 残念ながらここは立入禁止なので先には進めません。


 橋のアップです。
 橋桁の下に気になる物が見えていますが、この写真だと潰れてわかりにくい。


 画像をいじって改めて。
 道路の橋の下にガーターらしきものが見えています。
 神岡軌道時代のガーターの上に道路の橋を架けたのかもしれません。


 橋の向こうには行けないので、猪谷方向に戻る形で軌道跡を歩いてみます。
 軌道跡歩き続きます…。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その34


 残っている3本の橋脚の内の1本です。


 上の橋脚の裏には写真だと見えづらいですが、橋台も残っています。


 付近の神通川の様子。
 道路は先に見えている橋を渡って猪谷駅から来ることになります。


 道路沿いの上の方には石積みの擁壁があり、この上を軌道が通っていたとのことでした。


 神通川の中に残る橋脚の土台です。
 左側に猪谷駅の構内があります。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その33

 猪谷駅を離れ神通川の対岸へ渡りました。
 川沿いの道を富山方向に走っていった先にあったものは…。


 草に絡まれたコンクリートの橋脚でした。


 桁は遙か昔に消え橋脚だけがそそり立っているのです。


 橋脚は1本だけではなく3本が立っています。


 この橋脚は今は無き神岡軌道のものでした。
 神岡鉱山からの産出される産出物の輸送のために作られた鉄道でしたが、国鉄神岡線が開通して役割を譲って廃止されています。
 続く…。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年6月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ