趣味の総合サイト ホビダス
 

身延線

1977年12月31日の甲府駅

 1977年12月31日(土)、この日は年末年始を母方の実家で過ごすために身延線の鰍沢口駅へ向かっていました。
 中央本線の急行列車で甲府駅まで来ており、身延線の列車が発車するまでの間で撮影をしていました。

771231-001x.jpg
 身延線の頭端式ホームの6番線に行くと4両編成の電車が待っていました。
 写真の車両はクモハユニ44 803です、

771231-005x.jpg
 狭窓の並ぶクハ47形とホームの様子。

771231-006x.jpg
 ホームの向かい側からはワム60000形を中心とした有蓋車の列が並んでいました。

771231-008x.jpg
 基本的にMc+Tcの組み合わせだったので4両編成だと中間で運転台が向き合います。
 実際はT車のサハ45も居たはずですが見ていません。

771231-009x.jpg
 富士方先頭のクハ47形の運転席後部の様子です。
 木製ニス塗りの車内が好きでしたね。

 ちなみに当時使用していたカメラは110カメラのポケットフジカ500です。
 カートリッジ式のフイルムは装填が楽でしたが、フイルム自体が小さいのでスキャンして拡大すると画像がかなり荒くなってしまいました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

2011年2月20日の南甲府駅

 2011年2月20日(日)、本日は親戚の葬儀があったため、身延線南甲府駅近くまで出掛けています。
 渋滞を避けるために早く出たら、思いの外高速道路が空いており、寄り道をしてもかなり早く現地に着いてしまいました。
 その時間を利用して、少し撮影をした時の様子をどうぞ。

南甲府駅駅舎
 久し振りに撮影した南甲府駅の駅舎です。
 富士身延鉄道時代に建てられた駅舎をそのまま使っているのは変わっていませんでした。
 昔はこの駅は貨物の取り扱いで賑わっており、側線が近くの倉庫に延びたりしてスイッチャーも姿を見せていました。
 でも165系の急行富士川は撮影していますが、スイッチャーを撮影していなかったことが今になるともったいないことをしたなと。

南甲府駅入り口
 駅入り口部分です。

南甲府駅駅舎内の様子
 駅舎内の様子です。
 この時構内を覗くと、上りの富士方面行きホームにライトをつけた電車が停車していたので、富士方向にある踏切で撮影することにして移動しました。

南甲府駅構内の313系
 しばらくすると列車はホームを離れ、踏切の方に向かってきました。
 しかし、写真の位置で停車してしまったのでした。

南甲府駅構内の回送電車
 そのまま停まっているので、近くまで行ってみると行き先方向幕は回送表示、この後下りホームに移動した後、甲府駅に向かって発車していきました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

1978年1月3日の鰍沢口駅

 2009年7月10日(金)、本日は強風で電車が止まる可能性があったので車で出勤しており、帰りも人を乗せていたため、まっすぐ帰ってしまいました。
 蘇我駅での撮影が出来なかったので、またまた昔の写真公開です。

鰍沢口駅の転轍テコ
 今では見る機会も少なくなった転轍テコ、「よっこらしょ」と力を込めて倒すと、腕木式信号機がガチャンと羽根の角度を変えていました。
 撮影した1978年頃は、まだあちこちで見ることが出来ました。
 (撮影日1978年1月3日(火))

鰍沢口駅の電留線で休む旧型国電
 この駅は身延線の鰍沢口駅です。
 甲府盆地の端っこにあるこの駅までは区間列車がありましたので、折り返しに時間がある車両は電留線で休んでいる姿を見ることが出来ました。

鰍沢口駅の転轍テコ 2
 この駅の転轍テコの間には何故か自動連結器がありました。
 何か意味があったのかは不明なのです。

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年6月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ