趣味の総合サイト ホビダス
 

米坂線

急遽米沢へ その5

 帰りの米沢駅では、新幹線がやって来るまでの5分くらいの時間を利用して、駅構内の車両を撮影しています。

111224-019x.jpg
 2番線に停車中の奥羽本線用の719系5000番台です。
 正直こちらにはあまり興味なし。

111224-023x.jpg
 米坂線用の4番ホームに行くと、キハ110-135が停車中です。
 この頃から雪が本格的に降ってきていました。
 こちらの車両はライトが消されており、その先に縦列停車の形で気動車が見えています。

111224-025x.jpg
 先の車両に行ってみると、こちらはキハ110-202でした。
 新潟行きの列車です。

111224-026x.jpg
 こちらの列車は2両編成、キハE120+キハ110の組み合わせです。

111224-027x.jpg
 前から見たところです。
 先頭はキハE120-4でした。
 ここで乗車するつばさ号のライトが見えてきたので、時間切れ終了、この日の撮影もここで終わりとなりました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

急遽米沢へ その3

 福島からの在来線区間に入ってからはずっと線路の様子を眺めていました。
 スイッチバックの跡や線路付け替えの跡があるので、この区間は見ていて飽きません。
 米沢の天気は雪の予報だったのですが、見事に快晴、千葉より暖かかった。
 米沢駅で列車を降りて最初にやったのは、その1で上げた丸ポストの撮影です。
 丸ポストの先には米坂線の気動車がいるのが分かっているので、当然の様に撮影しています。

111224-013x.jpg
 留置線にはキハ110系の2連が停車中でした。
 バックの山もしっかり見えているので、列車の撮影をしたかったのですが、何のために来たか分からなくなるので、タクシーで葬儀会場に向かいました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

山形・秋田・青森撮影行 その2

米沢駅正面
 山形・秋田・青森撮影行初日、最初に立ち寄ったのは米沢駅でした。
 目的は新型に入れ替わった米坂線用の気動車を見るためです。

米沢駅のキハ110-202+キハ110-206
 米沢駅米坂線ホームにいたキハ110-202+キハ110-206です。

米沢駅のキハE120-3+110-224
 こちらはキハE120-3、後方のキハ110-224とコンビを組んでいます。
 この他にはキハE120-8もいました。
 今回は数カットしか米坂線の気動車を撮影していません。
 どうもキハ110系のノーマル色に見慣れすぎてしまったようで、撮影する気が起きないのでした。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

秋の鉄分補給の旅 その58

今泉~犬川間の1130D
 狙っていたわけではないのに、1130Dにまたまた遭遇しました。
 場所は今泉~犬川間、結局、同じ列車を5回も撮影できたのです。
 撮影できたのは良いのですが、交通機関としてローカル線より車が便利という現実がそこにあると言うことなので、複雑な気分もします。
犬川~今泉間の1145D
 同じく犬川~今泉間で、1145Dも撮影しました。
 午前中撮影した、快速べにばなと同じキハ47 511+52 127の運用です。
 先頭のキハ47 511は、テールライトを点けたままでした。
 この列車が、この旅最後の撮影となっています。
 内容は書きませんが、大きなトラブルがあったんですね~。
 今回も米沢市内の焼き肉屋で米沢牛を食べて帰りました。
 今日の分で「秋の鉄分補給の旅」の話は終了です。
 明日より、少し戻って9月の話にする予定です。
 中小私鉄ネタだったり、廃線跡ネタだったり、謎のレールネタだったりしますので、お暇な方は見てやってくださいませ。
 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。

秋の鉄分補給の旅 その57

羽前松岡~伊佐領間の1130D
 1130Dを撮影した後、米沢方面に向かって車を走らせます。
 撮影効率を考えて、今泉より米沢側で撮影をするためでした。
 走っていると、1130Dに追いついたので、羽前松岡~伊佐領間でまた1枚撮影です。
羽前沼沢~手ノ子間の1130D
 峠越えでまた列車に先行したので、羽前沼沢~手ノ子間で撮影しています。
 ドライブインの駐車場から撮影しました。
手ノ子~羽前椿間の1130D
 峠を越えてしまったので、もう追いつかないだろうと思っていましたが、手ノ子~羽前椿間で撮影できました。
 日は出てきたのですが、雲はどんよりと残っています。
 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。

秋の鉄分補給の旅 その56

小国~越後金丸間で1131D
 次は、小国~越後金丸間で1131Dを狙いました。
 新潟色(赤)を先頭にしたキハ47515+キハ52121です。
 薄曇りなのが残念でした。
小国~越後金丸間で1131D 後追い
 後追いでキハ52121を撮っています。
 ここも辺りが見事な紅葉なのでした。
越後金丸~小国間の1130D
 1131Dが行ってすぐにやって来た1130Dです。
 こちらは一般色を先頭にした、キハ52137+キハ47187の編成でした。
 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。

秋の鉄分補給の旅 その55

 越後大島駅を後にして、越後片貝~越後下関間で1123Dと3822D快速「べにばな」を撮影しています。(秋の鉄分補給の旅 その1の分です。)
羽前松岡~伊佐領間を行く3822D 1
 3822Dの撮影後、米沢方面に車を走らせると、再び列車に追いつき、先行することが出来ましたので、羽前松岡~伊佐領間でもう一度撮影しています。
羽前松岡~伊佐領間を行く3822D 2
 杉林の向こうは、色付いた木々が見えています。
 列車に乗っていれば、綺麗な紅葉が堪能できたことでしょう。
伊佐領~羽前松岡間の1129Dのキハ110形
 今度は、伊佐領~羽前松岡間で1129Dを待ちました。
 これもその1で触れていますが、キハ110形+キハE120形の2連でやってきています。
 その1では、キハE120形しか写っていないので、キハ110形メインの写真をどうぞ。
 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。

秋の鉄分補給の旅 その54

 旅行も3日目(11月10日)になりました。
 亀田のビジネスホテルを早朝に出発して、この年4度目の米坂線に向かいます。
 紅葉の米坂線とE120系が撮りたかったのでした。
 坂町側の1番列車に何とか間に合う時間で、その列車は坂町着が7時5分と早い時間であり、さらに天気は生憎の雨となっています。
 どう考えても光量が不足するので、走行写真は諦めて、越後大島駅停車中の撮影にしてみました。
越後大島駅に到着する1121D
 雨が降る中、越後大島駅に1121Dがやって来ました。
越後大島駅のキハ52 120+47  519
 この日最初に遭遇したのは、キハ52 120+キハ47 519の 新潟色(青)コンビです。
越後大島駅の1128D
 先ほどの編成が坂町駅で折り返して1128Dとなって戻ってきました。
 越後大島駅を発車した直後の撮影です。
 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。

南東北気動車の旅 その29

米沢駅の古レール
 ふたたび米沢駅に戻って、駅構内を見物すると、開業当時(1900年)の古レールが展示されていました。
 実際は、展示というか放置というか微妙な置き方です。
 南東北気動車の旅その22で、米沢牛の写真が出ていますので、お暇な方は見てください。
 それを見ると牛の足元に後側に映っているのが分かると思います。
米沢駅のキハ52 123
 米坂線のホームに戻ると、キハ52 123が留置線から移動していました。
 この車両も消えてしまう運命にあるのですね。
 無くなる前にまた撮影に来よう。
米沢駅のポケモン新幹線
 観光で別の場所に行っていた先輩と合流して千葉に帰ります。
 やって来たE3系の「つばさ」号は、ポケモン仕様、ついピカチュウを撮影してしまいました。
 今回で南東北気動車の旅篇は終了です。
 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。

南東北気動車の旅 その28

米沢駅でのサボ交換 1
 乗車してきた1130Dが米沢駅に到着すると、素早くサボの交換がおこなわれました。
米沢駅でのサボ交換 2
 折り返しの列車としての行き先を表示するため、すぐに交換されるのです。
米沢駅でのサボ交換 3
 こちらはホーム側なので、簡単に交換していますが、反対側は大変です。
 昔は都会でも当たり前に見られた光景ですが、いまは、見ることも少なくなりました。
 もっとも地元の小湊鐵道でも見ることは可能です。
 新・姉崎機関区の米坂線のページはこの文字をクリックで飛びます。

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ