趣味の総合サイト ホビダス
 

高山本線

富山撮影行2010 その32


 猪谷駅までやって来ると先ほど第2神通川橋梁で撮影したキハ120が停車中でした。
 長いホームの真ん中にぽつんと1両だけいます。
 車番はキハ120-346でした。


 駅舎内の様子です。
 神岡鉄道が廃止になっても大きくは変わっていません。


 駅舎入口です。
 この駅では、神岡鉄道のホームや線路の跡がどうなっているのかを見ていたのですが、何故か撮影していません。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その31

 キハ58+キハ28の運転区間は富山~越中八尾間でしたので、運転されている時間帯はその区間内での撮影をしていました。
 午前の運転も終わり安房トンネル経由で帰る予定なので、高山本線に沿って猪谷方向へ向かいました。
 笹津駅の手前で富山地方鉄道の笹津線跡を横目に見ながら更に先へ進みます。
 高山本線の笹津~楡原間で大きなトラス橋が見えたので、ここで列車の撮影をすることにしました。


 ここは第二神通川橋梁、下路式のトラスと上路式のトラスの組み合わせでダムを渡っています。
 橋梁を863Dのキハ120の2連が渡っていくのですが、198mもある橋梁のため小型の車両であるキハ120が更に小さく見えてしまいます。


 もう1カット。


 858Dも同じ橋梁での撮影。
 右側に水が流れ落ちる場所があったので入れてみたのですが全然分かりませんね。
 こちらの列車はキハ120の単行でした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その30

 西富山~婦中鵜坂間で1090列車を撮影後、速星駅でスイッチャーを撮影する仮設住宅氏を降ろして、千早~速星間に架かる第2井田川橋梁へ向かいました。


 手前で車を停めて堤防を歩いていくと、855Dが橋梁を渡っていきます。
 列車はキハ120の2両編成、井田川では釣り人が数人見えていました。


 854Dは川の中で釣りをしている人と列車を絡めようとして構えていましたが、列車の来る直前に釣り人が移動してしまって分かりづらくなってしまいました。
 この列車はキハ120-347の単行です。


 857Dは午前中最後のキハ28+キハ58の列車です。
 山をバックにして田んぼの中を列車がやって来ました。


 第2井田川橋梁へのアプローチは、短い距離ですが20‰の急勾配になっており、列車は一気に駆け上がってきます。
 ここは千里方向までずっと見渡せるので、見ているだけでも楽しい場所でもあります。


 橋梁を渡って列車は去っていきます。
 この撮影で今回のキハ28+キハ58の撮影は終了となりました。
 もう一回位は撮影に来たいと思っていますが、来られるでしょうかね?

 高山本線ネタはもう少しだけ続きます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その29


 場所を移動して婦中鵜坂~西富山間にやって来ました。
 ちょうど851Dが西富山駅に向かって走り去っていきます。
 この列車はキハ120-347の単行です。
 ここまで撮影したキハ120形は、1両ずつで組成出来る気動車の特性を活かして、毎回違った編成両数で現れています。


 852Dは前回と同じく、井田川橋梁を渡って下りカーブの築堤を駆け下りるところを撮影しています。


 1090列車の速星貨物も同様に同じ場所にて撮影です。
 牽引してきた機関車はDE10 1687でした。
 編成は、DE10 1687+コキ200-45+コキ200-47+他コキ6両です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その28


 同じ駅間で場所を移動して猪谷行きの846Dも撮影しています。
 キハ120形の2両編成、先頭はキハ120-345です。


 同じ列車を後追い。
 この日は平日でしたが撮影者は多く出ていました。
 私達と一緒で昨日の伏木ヤード祭りから流れて来たのかな?


 849Dは再びキハ58+キハ28の運用です。
 稲の育った田んぼを入れて撮りたかったのですが、稲が風で倒れてます。
 辺り一面見事に全部倒れているのでそのまま撮影しました。


 去っていくところをもう1カット。


 キハ58の次には1026D「ワイドビューひだ6号」が来たのですが、大勢いた撮影者は消えてしまいました。
 キハ85系はどうでも良いらしいです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その27


 今度の撮影地は千里~速星間です。
 先ほどの845Dが速星駅に向かって去っていきました。


 しばらく待つと844Dになったキハ58+キハ28がやって来ました。
 本当はもう少し編成が長いと嬉しいけれど仕方がないこと。


 大きなカーブで進行方向を変えて千里駅に向かいます。


 振り返って千里駅を見ると、停車中の844Dの向こうから847Dがやって来るのが見えました。


 847Dはキハ120の4両編成です。
 最後尾はキハ120-348でした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その26

 富山駅まで乗車してきたキハ58の841Dは6時17分に到着して、再び越中八尾駅に戻るための842Dは6時24分発。
 この7分間の間でキハ58を撮影して一旦改札を出てキップを買い直したので実に慌ただしく動いています。


 駅が仮駅になって、改札口まで真っ直ぐ行けないので更に時間がない中で、旧駅の解体の様子なんかも撮影しています。
 何度も利用した場所が解体されていくのはちょっと寂しいものです。


 842Dはキハ120-344を先頭にした3両編成でした。


 2番線のキハ120から1番線のキハ58を見たところです。
 2番線ホームの奥を切り欠いて1番線があります。


 キハ120の車内は4組ののクロスシートの他はロングシードです。
 キハ58乗車の直後に乗ると車内が短いのがよく分かりました。


 発車した列車の車内から1番線のキハ58を撮影しました。
 キハ58は7時7分発の844Dとして越中八尾に向かいます。


 キハ120の運転席部分の様子です。
 最初からワンマン車として作られているので、キハ58みたいな無理矢理感はありません。


 越中八尾駅に到着して、車に移動している途中で再び駅の様子を撮影しています。
 乗車してきた842Dは折り返して845Dになるのです。


 こちら側の先頭はキハ120-318でした。
 この後は、キハ58を迎え撃つために車で移動です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その25

 2010年9月6日(月)、富山撮影行2010 2日目になります。
 この日は4時に起きで早朝に宿をチェックアウトして、前日ロケハンした高山本線千里~越中八尾間に向かい、回838Dを撮影しています。
 この辺りの様子は、当日に「富山撮影行2010 その2としてブログで上げている分です。
 越中八尾駅での撮影後、そのまま841Dの乗客となりました。


 写真はキハ58 477の車内車端部分です。


 ボックスシートから見た車内の様子。
 何か中途半端な構図になっちゃったな。


 隣のボックスの様子。
 急行形が好きだった私としてはこのボックスシートが嬉しいのです。
 座って窓の外を眺めているのは同行の仮設住宅氏、速星の日産化学の構内を見るためにこちらに座っているのが流石です。


 窓下に付いているテーブルも今となっては懐かしい装備。


 速星駅では840Dのキハ120と交換しました。


 車内から見た婦中鵜坂駅のホームです。


 25分の乗車で終点の富山駅に到着してしまいました。
 停車直前の運転席後部の様子です。


 高山本線用のホームに到着した直後のキハ28 2360です。
 乗客がぞろぞろと降りてきます。


 高山本線用のホームは切り欠き式のホームのため、列車正面からも撮影が出来るのです。
 社会実験として増発した列車から、多くのお客が降りました。
 朝一番のこの列車は十分成功と言えるのではないでしょうか。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その22


 二塚駅でのスイッチャー撮影後は、前回と同じ富山駅近くの宿にチェックインしました。
 夕飯を食べに行く(飲みに行くとも言う)ついでに、近くの神通川の堤防に行ってみます。


 北陸本線・高山本線の新神通川橋梁の横では、北陸新幹線の橋を建設しています。


 振り返ると富山駅構内まで更地になっていました。


 新幹線用の橋梁が完成すると、この位置からの列車撮影は出来なくなるのでした。
 もっとも既に3ヶ月前の話なので、とっくに撮影出来ない可能性は大です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富山撮影行2010 その04


 ロケハンの合間に見た千里(ちさと)駅の駅舎です。
 木造の駅舎を持っていました。
 どうでも良い話ですがこの駅に向かう時、ナビにいつも「せんりえき」と打ち込んでしまうのです…。


 千里駅の駅名看板は木製の立派なものです。


 1番線ホームの様子です。
 越中八尾駅や速星駅と同じく、下が赤茶色、上部がクリーム色に塗られて落ち着いた感じを受けます。


 2番線ホームから見た駅舎の様子です。
 この駅での撮影後は、伏木駅に向かう前に二塚駅に向かいました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【JRローカル線】【駅】【駅舎】【千里駅】【富山県】【高山本線】【JR西日本】【富山撮影行2010】

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ