趣味の総合サイト ホビダス
 

【廃線】 仙北鉄道

東北撮影旅行 その005

 仙北鉄道はかつて2路線が存在しており、まずは登米駅から瀬峰駅までの登米線跡を辿っていきます。
 あっちこっちと迷いながら痕跡を探しますがなかなか見つかりません。
 事前の調査が不足していたため、明確な場所が分からなかったのでした。

060712-045x.jpg
 それでも何となく廃線跡かなと思われる道を走ります。
 たまたま交差点で停止したら、交差点斜め向かいの商店に上沼駅前の文字を発見しました。

060712-035x.jpg
 他に何か無いかと周囲を見渡します。
 あっ怪しい物発見!

060712-038x.jpg
 近くの民家にくっつく様に貨車の廃車体があったのです。

060712-040x.jpg
 近くに行くと小型の木造有蓋車です。
 幅から見てナローゲージだった仙北鉄道の貨車だと思われます。

060712-041x.jpg
 下部にはバッファーの取り付け跡も残っています。

060712-042x.jpg
 民家の物置として使用されているようです。

060712-044x.jpg
 うっすらと社紋の跡が木製の扉に残っています。
 残念ながら車番の方は消えていました。
 (2014年6月ブログリニューアルの時に画像処理をやり直したら、6枚目の写真の民家側の扉に社紋とワ61と車番が何とか消えずに残っているのが分かりました。)

●● 大きな画像はこちらから ●●

【廃線】【廃車体】【貨車】【宮城県】【仙北鉄道】【東北撮影旅行】

東北撮影旅行 その003

060712-018i07x.jpg
 登米駅駅舎内はバスの待合室として現役で在り、仙北鉄道時代に使用してい備品や写真などが展示されていました。
 (仮設住宅氏撮影)

060712-012x.jpg
 ダッチングマシン等。

060712-013x.jpg
 金庫や手旗やカンテラ等。

060712-014x.jpg
 労組の新聞とディーゼル機関車の模型。

060712-016x.jpg
 バスの路線図と運賃表。

060712-018x.jpg
 窓上に飾られた仙北鉄道時代の写真。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【廃線跡】【廃駅】【登米駅】【駅舎】【宮城県】【仙北鉄道】【東北撮影旅行】

東北撮影旅行 その002

060712-007x.jpg
 登米駅のホーム側を見てみます。
 線路部分はアスファルトで舗装されていますが、ホームはそのまま残っています。

060712-006x.jpg
 駅舎の入口も改札口の柵が残っており、現役当時の姿がそれなりに残っています。

060712-008x.jpg
 駅舎の向かいにある宮交登米バス登米営業所の車庫です。

060712-009x.jpg
 仙北鉄道で使用していた車庫を90度横に向けて使用しているそうです。

060712-024x.jpg
 別角度から見たところです。
 旧ホームの上に3つのバス停のポールが並んでいます。

060712-025x.jpg
 3台並んで休んでいる宮交登米バスと車庫です。

060712-010x.jpg
 駅舎内に入れるので旧改札口から入ってみます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【廃線跡】【廃駅】【登米駅】【仙北鉄道】【宮城県】【東北撮影旅行】【駅舎】

東北撮影旅行 その001

 2006年7月11日(火)、当初の計画と休みが微妙にずれたりしましたが、東北方面に撮影旅行に行ってきました。
 深夜に家を出発して仲間の仮設住宅氏を途中で拾い北に向かいます。
 東北道は所々雨が降っていましたが、交通量が少ないため順調に走れていました。
 このまま何事もなく最初の目的地に着くのかと思っていたら、突然インパネに普段表示されないエンジンチェックの文字が出現、パワーもガクンと落ちてしまいました。
 エンジンが止まったわけでは無く、アクセルを大きく開けなければ普通の運転ができるので、一番近いSAまでゆっく
り進むことに…。
 SAまで辿り着きとりあえずエンジン停止。エンジンチェックは電子制御系のトラブルの時に出る表示なので、湿気が多いために起きたトラブルだと予想して、少し時間を空けて様子を見ることにしました。
 車も古くなるとあちこちにガタが出てきますからね。
 ご飯を食べたりしながら時間を潰した後、どきどきしながらセルを回すと、何事もなく始動して表示も消えました。
 北行き続行できます。
 走行しているうちに外も明るくなりすっかり朝になり雨もあがりました。
 長者原のSAで6時になり、ここで東北道を降ります。
 初日最初の目的は仙北鉄道の廃線跡を辿ることなので、まずは登米駅跡に向かいました。

060712-001x.jpg

060712-005x.jpg
 登米駅の駅舎が路線廃止後、宮交登米バスの登米営業所として再利用されているのは、色々な本に出ているので有名です。
 今日もちゃんと私達を待っていてくれました。

060712-004x.jpg
 元駅舎を前から見たところです。

060712-003x.jpg
 仙北鉄道で使用していた機関車の車輪も飾ってあります。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【廃線跡】【廃駅】【駅舎】【登米駅】【仙北鉄道】【宮城県】【東北撮影旅行】

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年6月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ