趣味の総合サイト ホビダス
 

【廃線】 幌内線

道央・道東撮影行 その58

110917-418x.jpg
 萱野駅には駅名標もありました。
 オリジナルの物では無く、隣駅が三笠駅では無く古い駅名の幌内太駅になっています。

110917-416x.jpg
 ホームも残っておりヨ8000形車掌車が置かれていました。

110917-419x.jpg
 車掌車の自動連結器から時計の支柱が延びています。
 溶接してあるのかな?

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その57

110917-415x.jpg
 萱野駅の入口です。

110917-421x.jpg
 入口の上部には木製の駅名看板が掲げられています。

110917-420x.jpg
 こちらは線路側から見た駅舎の様子です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その56

110917-413x.jpg
 再び幌内線の廃線跡を辿り、やって来たのは萱野駅跡です。
 ここにも立派な石碑が立ち、ここに鉄道が在ったことを知らせています、

110917-414x.jpg
 この萱尾駅は木造の駅舎が残されていました。

110917-412x.jpg
 駅舎はライダーハウスとして再利用されているのです。
 萱野駅続きます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その54

 再び三笠駅のホームに戻って来ました。
 ここに展示されている車両を紹介です。

110917-400x.jpg
 貨物列車の最後尾にはやっぱり車掌車です。
 ここにいたのはヨ8000形のヨ8006でした。

110917-401x.jpg
 ホッパ車のホキ700形ホキ746です。
 事業用の貨車のイメージが強いので貨物列車の雑多な編成に組み込まれると何か違和感があります。

110917-402x.jpg
 こちらもホッパ車ですが、穀物輸送用のホキ2200形です。
 ここにいたのはホキ2341でした。

110917-404x.jpg
 先頭の機関車は先にも出てきたDD51 548です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その53

110917-392x.jpg
 クロフォード記念公園に展示されているキハ80系気動車は6両の編成状態で展示されていました。
 三笠駅側から、キハ82 100+キハ80 150+キシ80 27+キロ80 52+キハ80 145+キハ82 87となっています。
 こちらはキハ82 87です。
 残念ながらいたずらの被害を受けている車両もありました。

110917-391x.jpg
 ヘッドマークが入っていればもっと嬉しいのですがね。

110917-390x.jpg
 振り返るとそこには幌内線の廃線跡の草むらが続きます。

110917-397x.jpg
 編成で見られるのは良いですね。

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その52

110917-378x.jpg
 三笠駅の幾春別側にはキハ82の姿がありました。

110917-381x.jpg
 まるで現役のような雰囲気で展示されています。

110917-382x.jpg
 キハ82が現役で活躍していた当時は特急形車両に興味があまりなく、全く撮影していなかったのが悔やまれます。

110917-383x.jpg
 今更ながら格好良い車両ですね。

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その51

110917-365x.jpg
 三笠駅跡に残された跨線橋は実用本位の造りでは無く、洒落たデザインだと感じます。

110917-372x.jpg
 跨線橋も使用できる状態で残されているのです。

110917-373x.jpg
 階段の窓から見える赤いディーゼル機関車、ここにも駅の情景が残っています。

110917-376x.jpg
 エンジンがしたら最高ですね。

110917-377x.jpg
 この公園にある車両はJR北海道から貸与された物なのでした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その50

110917-406x.jpg
 次にやって来たのは幌内太駅です。
 ここは三笠鉄道記念館の分館的位置付けのクロフォード公園になり、廃止された幌内線の三笠駅跡になります。
 幌内太駅は三笠駅と名乗る前の駅名になります。
 駅舎は廃止時の物では無く開業時を模して再現している物です。

110917-367x.jpg
 駅舎の中は鉄道グッズ等も販売しています。
 三笠トロッコ鉄道の乗車受付もここでやっていました。

110917-368x.jpg
 駅舎を抜けて真っ直ぐ進むと跨線橋がありました。

110917-369x.jpg
 跨線橋の脇から覗くとそこにはDD51牽引の貨物列車の姿がありました。
 ちなみに機関車はDD51 548です。

110917-370x.jpg
 ディーゼル機関車が貨車を牽引して駅に停車中の姿がそのまま保存されているのですね。

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その49

 次の場所に移動するために車を走らせていると、旧幌内線を利用した三笠トロッコ鉄道の車両が走っているのが見えました。
 勝手に休みだと思っていたのですが、ちゃんと運転されていたのでした。

110917-358x.jpg
 車のペースを上げ、少し先まで行って撮影しています。

110917-360x.jpg
 幌内号も走っています。

110917-361x.jpg
 次に来た時は乗車したいな。

110917-363x.jpg
 車両達は走り去って行きました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その48

110917-352x.jpg
 再び幌内線の廃線跡です。
 位置的には三笠鉄道記念館になっている旧幌内駅から幌内炭鉱からの石炭積み出しホッパーまでを結んでた区間になります。
 さすがに長期間放置されているので、レールは残っていますが、枕木はかなり朽ちてきていました。

110917-353x.jpg
 ここの橋梁名は紙幌内橋梁だと分かりました。

110917-355x.jpg
 幌内駅側から見たところです。
 この廃線区間ですが、三笠トロッコ鉄道のホームページを見ると冒険支線と銘打ってトロッコでも走らせそうな計画があるようです。
 ちょっと楽しみな話です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年8月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ