趣味の総合サイト ホビダス
 

CC ◆ 保存・展示車両 ◆

タラコのキハ52に乗ってみた その09

140813-096x.jpg
 今度は下り列車の車窓を見ています。
 既に13日の時点で田んぼの稲刈りが終わっている場所がありました。
 画像は上総東~新田野間の田んぼです。

140813-099x.jpg
 新田野~国吉間で第一夷隅川橋梁を渡ります。
 2名の撮影者がキハ52単行を狙っていました。

140813-105x.jpg
 車窓にキハ30が見えました。
 国吉駅に到着です。
 また10分間の停車時間があるので撮影タイムとなりました。

140813-101x.jpg
 国吉駅構内の3両の気動車。

140813-102x.jpg
 キハ30 62が動く日が来るんだろうか?

●● 大きな画像はこちらから ●●

【中小私鉄】【ローカル私鉄】【国吉駅】【駅】【気動車】【キハ52形】【キハ30形】【いすみ200形】【保存車両】【千葉県】【いすみ鉄道】【タラコのキハ52に乗ってみた】

2014年8月23日のいすみ鉄道 その1

140823-001x.jpg
 2014年8月23日(土)、昨日は昼過ぎまで土気に用事があり、用事が終わってからいすみ鉄道の沿線に出向きました。
 ひとまず国吉駅に立ち寄り、静態保存中のキハ30 62&いすみ201を撮影しています。 

140823-002x.jpg
 いつもと変わらない国吉駅入口です。

140823-006x.jpg
 64Dと65Dの交換風景を撮影。
 いすみ350形同士の交換でした。

140823-010x.jpg
 並んだところを狙って。

140823-013x.jpg
 いすみ352が大多喜行きです。

140823-016x.jpg
 13日に撮り忘れた国吉駅の駅名標です。
 上総出雲大社前の看板付きです。
 続きは13日と17日の話が終わってからにします。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【ローカル私鉄】【中小私鉄】【駅】【国吉駅】【駅名標】【気動車】【キハ30形】【いすみ200形】【いすみ350形】【丸ポスト】【千葉県】【いすみ鉄道】【保存車両】

入鹿温泉に行こう その25

 資料館に入り資料館の方の説明を受けつつ蛍石を見たりしています。
 その後2階の展示を見学してから1階に移動、1階には鉱山鉄道で活躍していた車両が展示されています。

140518-232x.jpg
 こちらはさすが室内展示だけあって綺麗な状態になっていました。
 運転している状態を再現したバッテリーロコです。

140518-233x.jpg
 坑道の中での人員輸送に活躍した人車、外に出ないので屋根がありません。

140518-234x.jpg
 鉱石を載せた状態を再現しているトロッコ。

140518-235x.jpg
 ローダーです。

140518-236x.jpg
 こちらにもバッテリーロコです。

140518-238x.jpg
 別角度から。
 なんだかんだで展示物や鉱山が現役だった当時のアルバムを見ていたら、45分くらい経っていました。
 さて紀州鉱山の選鉱場跡に行って見ましょう。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【バッテリーロコ】【トロッコ】【保存車両】【三重県】【紀和鉱山資料館】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その24

140518-216x.jpg
 今度は人車を見てみます。

140518-215x.jpg
 乗り込んで車内の様子も撮影しています。
 北勢線の車両もこの車両に比べれば十分大きいです。
 比べちゃ行けませんが…。

140518-219x.jpg
 索道で運ばれて来た鉱石がトロッコに積まれる部分まで再現されています。

140518-221x.jpg
 トロッコを横から見ています。

140518-229x.jpg
 連結部。
 これで表の展示車両を見終わったので資料館の中に入ります。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【保存車両】【トロッコ】【人車】【三重県】【紀和鉱山資料館】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その23

140518-225x.jpg
 紀和鉱山資料館の表にはバッテリーロコの他にも展示車両がありました。

140518-213x.jpg
 こちらは小さな車体に大きなパンタグラフを載せた電気機関車と人車とトロッコです。

140518-214x.jpg
 機関車を横から見たところです。
 運転台が凄く小さい様な気がします。

140518-224x.jpg
 機関車を前から見たところです。

140518-227x.jpg
 運転台の中を窓の外から撮りましたが、やっぱり狭いですね。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【電気機関車】【トロッコ】【産業用機関車】【三重県】【紀和鉱山資料館】【入鹿温泉に行こう】【保存車両】

入鹿温泉に行こう その22

140518-205x.jpg
 熊野市駅からバスに揺られてやって来たのは紀和鉱山資料館です。
 かつて、紀和町(現在は合併して熊野市)で営まれてきた鉱山の盛衰や紀和町の歴史などを展示した場所なのです。

140518-206x.jpg
 紀和鉱山にも鉱山鉄道があり、トロッコで搬出が行われていました。
 当時の車両達が資料館の屋外に展示されているので、まずそこから見学開始。
 最初に目に入ったのはバッテリーロコでした。

140518-207x.jpg
 展示されている場所にはトロッコ用のターンテーブルもありました。

140518-209x.jpg
 トロッコ載せて回してみたい。

140518-210x.jpg
 線路はターンテーブルがあったりポイントがあったり建物内に続いていたりします。
 大体他の場所にある展示車両は、車両の部分だけレールがあるだけのところが多いのですが、ここは線路が繋がっていてなんか嬉しいのです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【保存車両】【トロッコ】【バッテリー機関車】【転車台】【三重県】【紀和鉱山資料館】【入鹿温泉に行こう】

ちょっと荒川線撮影 その05

 荒川線のすぐ横にある桜で有名な飛鳥山公園に上がってみました。

140121-050x.jpg
 お目当ては写真の黄色い車両です。

140121-051x.jpg
 飛鳥山公園には6000形電車6080号が保存展示されています。

140121-052x.jpg
 ぱっと見は塗り直されているので綺麗に見えますが、悪戯されてボロボロな部分もかなりありました。

140121-053x.jpg
 立派な案内板も設置されています。
 1978年4月まで荒川線を走っていたとの記載がありました。

140121-055x.jpg
 木製の床に木製のベンチシートの車内です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【電車】【保存車両】【都電6000形】【飛鳥山公園】【東京都】【ちょっと荒川線撮影】

長野乗り鉄の旅 その12

140316-101x.jpg
 懐古園の中から駐車場に展示してあるC56形蒸気機関車を見てみたら、邪魔な物が無く撮影出来ました。
 昨夏に来た時には駐車場で撮影していますが、木が邪魔で撮りづらかった気がします。

140316-120x.jpg
 懐古園の見物を終え、駐車場のC56 144を見に行ってみました。
 ちょうど周囲の木を伐採した直後だった様です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【保存車両】【蒸気機関車】【C56形】【長野県】【長野乗り鉄の旅】

真岡SL忘年会373.5キロの旅 その18

131109-175x.jpg
 SLキューロク館の49671が動くので、駐車場にある展示線脇へ移動しました。

131109-181x.jpg
 圧縮空気を上記の代わりに使用するため本当のは煙が出ませんが、演出上の煙が上がりました。
 ますます動く姿に期待してしまいます。

131109-188x.jpg
 汽笛を鳴らして発車しました。
 黒い巨大な塊がゆっくり進んできました。

131109-195x.jpg
 やっぱり良いですね。


 2往復目は動画にしてみました。
 見せることを考えないで撮ってしまったので縦位置で撮っています。
 首を傾げて見てください。

131109-211x.jpg
 欲を言えばもう少し展示線が長くて客車を牽いてくれればなと。

131109-218x.jpg
 大正の蒸気機関車を復活させ走らせてくれた真岡市と真岡鉄道に感謝ですね。 

131109-219x.jpg
 SL49671の自走運行日及び運行時間は、毎週土曜日・日曜日及び祝日ともに1日3回運行。
 1回目 午前10時30分から2往復運転 2回目 正午から2往復運転 3回目 午後2時30分から2往復運転です。
 駐車場はあるけれどやはり、真岡鉄道に乗って遊びに行きましょう。

●● 大きな画像はこちらから ●●

真岡SL忘年会373.5キロの旅 その17

 2014年2月2日(日)、昨日は年末に無くなった叔母の納骨のために横浜市に出掛けていました。
 中華街で食事をしたのですが、日曜日で混んでいたため予約できた時間まで若干時間が空いてしまい、山下公園なんかをフラフラと歩いて時間調整しています。
 ふと税関近くに残っていた引き込み線を見に行ったらすっかり消えていました。
 前回見に行ったのは無くなってしまうからだったかな?
 転車台は残されていたのですがカメラを持って行かなかったので見ただけで終了しています。

 今朝は不定期の真岡鉄道ネタ続き上げておきます。

131109-166x.jpg
 スハフ44 25に乗車します。
 手動のドアを開けると木製の床を持つデッキです。

131109-167x.jpg
 そして貫通路越しに蒸気機関車が見えるのです。
 身近で動いている姿が見られれば楽しいだろうな。

131109-170x.jpg
 ボタン式の洗面台を久し振りに見ました。

131109-171x.jpg
 ボックスシートの一角。

131109-172x.jpg
 ボックスシートが並ぶ車内が懐かしい…と言いたいところですが、国鉄時代に現役の旧型客車に乗った記憶が無いのです。
 見た記憶は甲府駅であったのですが、後で調べたら中央本線の客車列車の定期運用は終わっていたので、臨時で走っていた急行たてしなでも見たのかな?

131109-173x.jpg
 もっと車内をじっくり撮ろうと思っていたのですが、96が動く時間が近づいたのでここで終了しました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年9月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ