趣味の総合サイト ホビダス
 

紀和鉱山資料館

入鹿温泉に行こう その25

 資料館に入り資料館の方の説明を受けつつ蛍石を見たりしています。
 その後2階の展示を見学してから1階に移動、1階には鉱山鉄道で活躍していた車両が展示されています。

140518-232x.jpg
 こちらはさすが室内展示だけあって綺麗な状態になっていました。
 運転している状態を再現したバッテリーロコです。

140518-233x.jpg
 坑道の中での人員輸送に活躍した人車、外に出ないので屋根がありません。

140518-234x.jpg
 鉱石を載せた状態を再現しているトロッコ。

140518-235x.jpg
 ローダーです。

140518-236x.jpg
 こちらにもバッテリーロコです。

140518-238x.jpg
 別角度から。
 なんだかんだで展示物や鉱山が現役だった当時のアルバムを見ていたら、45分くらい経っていました。
 さて紀州鉱山の選鉱場跡に行って見ましょう。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【バッテリーロコ】【トロッコ】【保存車両】【三重県】【紀和鉱山資料館】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その24

140518-216x.jpg
 今度は人車を見てみます。

140518-215x.jpg
 乗り込んで車内の様子も撮影しています。
 北勢線の車両もこの車両に比べれば十分大きいです。
 比べちゃ行けませんが…。

140518-219x.jpg
 索道で運ばれて来た鉱石がトロッコに積まれる部分まで再現されています。

140518-221x.jpg
 トロッコを横から見ています。

140518-229x.jpg
 連結部。
 これで表の展示車両を見終わったので資料館の中に入ります。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【保存車両】【トロッコ】【人車】【三重県】【紀和鉱山資料館】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その23

140518-225x.jpg
 紀和鉱山資料館の表にはバッテリーロコの他にも展示車両がありました。

140518-213x.jpg
 こちらは小さな車体に大きなパンタグラフを載せた電気機関車と人車とトロッコです。

140518-214x.jpg
 機関車を横から見たところです。
 運転台が凄く小さい様な気がします。

140518-224x.jpg
 機関車を前から見たところです。

140518-227x.jpg
 運転台の中を窓の外から撮りましたが、やっぱり狭いですね。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【電気機関車】【トロッコ】【産業用機関車】【三重県】【紀和鉱山資料館】【入鹿温泉に行こう】【保存車両】

入鹿温泉に行こう その22

140518-205x.jpg
 熊野市駅からバスに揺られてやって来たのは紀和鉱山資料館です。
 かつて、紀和町(現在は合併して熊野市)で営まれてきた鉱山の盛衰や紀和町の歴史などを展示した場所なのです。

140518-206x.jpg
 紀和鉱山にも鉱山鉄道があり、トロッコで搬出が行われていました。
 当時の車両達が資料館の屋外に展示されているので、まずそこから見学開始。
 最初に目に入ったのはバッテリーロコでした。

140518-207x.jpg
 展示されている場所にはトロッコ用のターンテーブルもありました。

140518-209x.jpg
 トロッコ載せて回してみたい。

140518-210x.jpg
 線路はターンテーブルがあったりポイントがあったり建物内に続いていたりします。
 大体他の場所にある展示車両は、車両の部分だけレールがあるだけのところが多いのですが、ここは線路が繋がっていてなんか嬉しいのです。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【保存車両】【トロッコ】【バッテリー機関車】【転車台】【三重県】【紀和鉱山資料館】【入鹿温泉に行こう】

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ