趣味の総合サイト ホビダス
 

紀勢本線

入鹿温泉に行こう その54

140519-260x.jpg
 多気駅に戻って駅舎を撮影しています。

140519-261x.jpg
 駅舎から2本ある島式ホームへは跨線橋で繋がっていました。
 跨線橋の窓は明かり取りの窓が上部に付いているだけで、外から見るとのっぺりした感じです。
 跨線橋から列車の撮影は出来ない構造でした。

140519-262x.jpg
 多気駅の駅名標です。

140519-263x.jpg
 1・2番ホームから見た駅の様子です。
 奥が亀山方向になります。

140519-266x.jpg
 2918D快速みえ18号がやって来ました。
 この列車で名古屋に向かいます。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【多気駅】【駅舎】【駅名標】【気動車】【キハ75系】【駅】【三重県】【参宮線】【紀勢本線】【JR東海】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その50

140519-214x.jpg
 多気駅の南側にある東池上踏切(紀勢本線は第一東池上踏切)までやって来ました。
 紀勢本線の43キロポストが見えています。
 真ん中は参宮線、左が紀勢本線になります。

140519-215x.jpg
 多気駅に2本の気動車が停車中なのが見えています。

140519-216x.jpg
 さらに右側に草に埋もれかけ曲がりくねった線路があります。
 ここがダイヘン三重事業所専用線になります。
 変圧器の発送時くらいにしか使用しないため草に埋もれかかっているのです。
 少し先に小さなヤードが見えました。

140519-217x.jpg
 反対は工場に向かう線路が延びています。
 しばらく左にある参宮線と並んで進むようです。

140519-218x.jpg
 小さな川を渡る3本の線路、手前からダイヘン専用線、参宮線、紀勢本線です。
 線路に沿って工場方向に向かってみましょう。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【専用線】【駅】【多気駅】【三重県】【ダイヘン三重事業所専用線】【紀勢本線】【参宮線】【JR東海】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その49

140519-206x.jpg
 三瀬谷駅でも列車交換がありました。
 多くの高校生が下車して跨線橋を渡っていく姿が見えます。
 交換した331Cはキハ40 3306+キハ48 6805の2連でした。

140519-208x.jpg
 多気駅に到着して線路沿いを歩きました。
 この区間は紀勢本線と参宮線が併走しており、参宮線を2916D快速みえ16号が走って行きました。

140519-213x.jpg
 快速みえと多気駅で交換した鳥羽行きの931Cも通過して行きます。
 キハ11-2の単行でした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【三瀬谷駅】【キハ40系】【キハ48形】【キハ11形】【気動車】【駅】【三重県】【紀勢本線】【参宮線】【JR東海】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その48

140519-189x.jpg
 紀伊長島駅では11分の停車時間です。
 すぐに新宮行きの列車が発車、2両はキハ11-304でした。
 前日からここまで紀勢本線内で見たキハ11が全て鋼製車とステンレス車の組み合わせなのです。
 長い時間の運用があるので、トイレ付きの300番台を編成に入れているのでした。
 そういえば乗っているキハ48形もトイレ付きとトイレ無しの番台の組み合わせでした。 

140519-194x.jpg
 紀伊長島駅の駅名標です。

140519-196x.jpg
 2・3番ホームの様子です。

140519-197x.jpg
 亀山方面を見たところ。

140519-198x.jpg
 1番ホームに停車中の328Cです。

140519-200x.jpg
 跨線橋に駅名が入っていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【紀伊長島駅】【駅】【駅名標】【キハ40系】【キハ48形】【キハ11形】【三重県】【紀勢本線】【JR東海】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その47

140519-177x.jpg
 線路の下は棚田、そしてその先は海。
 大泊~波田須間の車窓です。

140519-178x.jpg
 九鬼駅に停車しました。
 島式ホームの向こうに駅舎があります。

140519-181x.jpg
 この駅では4分停車、交換列車は329C、キハ11-108+キハ11-305です。

140519-182x.jpg
 動き出した車内から撮影した九鬼駅の駅名標です。

140519-188x.jpg
 九鬼~大曽根浦間でも海が見えています。
 天気が良ければもっと良かったなと。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【九鬼駅】【駅】【駅舎】【駅名標】【気動車】【キハ11形】【三重県】【紀勢本線】【JR東海】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その46

140519-174x.jpg
 328Cは熊野市駅に到着しました。
 この駅では6分の停車時間があるので車外に出ています。

140519-173x.jpg
 行きは昼食とバスの時間の関係で駅の様子を見られなかったので、今回見ています。

140519-175x.jpg
 ホーム上に熊野市特産の那智黒石が置かれていました。

140519-176x.jpg
 まだまだ先は長い。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【駅】【駅名標】【熊野市駅】【気動車】【キハ40系】【キハ48形】【三重県】【紀勢本線】【JR東海】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その45

140519-168x.jpg
 328Cは神志山駅に停車しました。
 ここで列車交換があるようです。

140519-169x.jpg
 キハ48 5805の運転台です。

140519-171x.jpg
 後部の窓から見ていると 3001D特急ワイドビュー南紀1号が通過して行きました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【駅】【駅名標】【神志山駅】【気動車】【キハ48形】【キハ85系】【三重県】【紀勢本線】【JR東海】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その44

140519-155x.jpg
 JR東海色のキハ40系が阿田和駅に到着します。

140519-162x.jpg
 新宮発多気行きの328Cは2連の気動車でした。
 先頭はキハ48 6803です。

140519-163x.jpg
 2両目に乗車して後方の貫通ドアの窓から遠ざかっていく阿田和駅を見ていました。

140519-165x.jpg
 この車内に約3時間お世話になります。

140519-166x.jpg
 乗車した2両目はキハ48 5805です。
 相変わらずJR東海の車両はインフレ番号が多いなと思った瞬間でした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【気動車】【キハ48形】【駅】【阿田和駅】【三重県】【紀勢本線】【入鹿温泉に行こう】

入鹿温泉に行こう その43

140519-146x.jpg
 バスを降り、紀勢本線の阿田和駅に来ました。
 昔からの駅舎は健在ですが、窓を板でふさがれているのがちょっと寂しい感じです。

140519-149x.jpg
 1983年に無人駅化されて待合室部分だけ使用しています。

140519-150x.jpg
 阿田和駅の駅名標です。

140519-151x.jpg
 昔は紀州鉱山で産出された鉱石を板屋から阿田和まで索道で運んでいたそうです。
 写真は新宮方向を見て撮影しています。
 古い写真に左側に鉱石の積み込み施設が写っているのを見たことがあります。

140519-152x.jpg
 こちらは亀山方向を見ています。
 右側に構内踏切を渡る形で駅舎があります。

140519-153x.jpg
 島式のホームの上には少しのベンチと短い屋根があるだけでした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

入鹿温泉に行こう その21

140518-199x.jpg
 熊野市駅を発車する特急南紀3号です。

140518-200x.jpg
 約3時間乗った列車をお見送り。
 紀伊勝浦まで行きたい気も起きましたが、今回の目的が果たせなくなるのでそれは無し。

140518-202x.jpg
 熊野市駅の駅名標です。

140518-204x.jpg
 駅舎の端にあるおそばやさんで遅い昼食をとりここからはバスで移動しています。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【駅】【駅名標】【駅舎】【熊野市駅】【気動車】【キハ85系】【三重県】【紀勢本線】【JR東海】【入鹿温泉に行こう】

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2017年6月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ