趣味の総合サイト ホビダス
 

月別アーカイブ: 2012年5月月

2012年5月31日の蘇我駅

 2012年5月31日(木)、本日は出勤時の蘇我駅にて貨物列車1本を撮影しててます。

120531-004x.jpg
 本日の8178列車は機関車のみの単機、EF65 2093でした。
 機関車だけでも来てくれれば儲けものです。
 夏になると3日に1度の運転とかになりますから。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富士急行撮影行 その13

120512-149x.jpg
 乗車した6000系電車が三つ峠駅に着くと列車交換がありました。
 交換列車は撮影したかった1200系の以前の富士急カラーの編成、とりあえず三つ峠の駅名標を入れて撮影です。

120512-150x.jpg
 交換列車が先に発車すると後部にはマッターホルン号の編成も連結されていました。

120512-151x.jpg
 待っていた時には来なかったのに…。

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その66

 鹿ノ谷駅続きです。

110918-025x.jpg
 ホームの上から見た駅舎の様子です。
 奥が夕張方向になります。 

110918-026x.jpg
 右に見えている草木に覆われている部分がヤード跡、ヤードを一跨ぎしていた跨線橋が見えています。
 写真には写っていませんが、さらに右側まで跨線橋は続いています。
 広大なヤードだったのです。

110918-028x.jpg
 跨線橋の途中から駅を見たところです。

110918-029x.jpg
 跨線橋上から反対側を見たところです。
 ここが全部線路で、石炭を積んだ多くのセキなどで賑わっていたのでしょう。

●● 大きな画像はこちらから ●●

2012年5月30日の蘇我駅

 2012年5月30日(水)、本日は朝からの出勤でした。
 仕事前後の蘇我駅にて貨物列車を2本撮影しています。 

120530-002x.jpg
 いつもの様に8178列車の到着を待っていると、平常時だと1番線の隣の側上1に入線してくる列車なのに、側上3に入線してきました。

120530-008x.jpg
 8178列車の機関車はEF65 2068、返空タキは13両です。
 編成は、EF65 2068+タキ43582青タキ43609青タキ44016青タキ43335青タキ43014青タキ1000-643青タキ43603青タキ1000-671青タキ1000-456青タキ1000-672青タキ43352青タキ43526青タキ43539青でした。

120530-011x.jpg
 機関車が切り離されて千葉機関区へ向けて発車したところです。

120530-012x.jpg
 編成中のタキ43014青です。

120530-016x.jpg
 帰りの蘇我駅で京葉線の電車を降りると1092列車の牽引機に原色のEF65が立っているのが見えたので、久し振りに1092列車の撮影のため寄り道しました。
 機関車はEF65 2077、原色の2000番台変更機です。
 編成は、EF65 2077+コキ51938+コキ51914+コキ50801+コキ200-15+コキ106-536+コキ106-363+コキ104-1191+コキ104-2217+コキ104-359+コキ104-172+コキ104-1783+コキ104-1930でした。

120530-020x.jpg
 EF65 2077も含め2000番台変更機の金文字ナンバープレートは、見にくくて近づかないと車番が分かりません。
 夕方の蘇我駅でご一緒したみや様お疲れ様でした。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富士急行撮影行 その12

120512-146x.jpg
 寿駅にやって来た上り列車は6000系でした。
 205系から変更された車内が楽しみです。

120512-147x.jpg
 車内には6000系と富士山のイラストが飾られています。
 他の柄のイラストもありました。

120512-148x.jpg
 車内は床がフローリングの様になっています。
 歩くと心地よく感じました。
 隣の車両との間には暖簾も下がっています。

120512-152x.jpg
 乗降用のドアは表と同様の青色に塗られています。

120512-153x.jpg
 ドアの窓には富士山をイメージしたマークが入っているのも洒落ていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その65

110918-018x.jpg
 夕張駅から一駅隣の鹿ノ谷駅にやって来ました。

110918-021x.jpg
 駅舎の中は広い待合室、ガランとした感じです。

110918-023x.jpg
 駅舎を抜けるとそのままホームに出ました。
 写真は新夕張方向を見たところです。
 昔は夕張鉄道との接続駅で炭鉱からの石炭を積んだ貨車を大扱っていたためかなり広い構内を持っていました。
 左の草が広がっている場所がヤードの跡、この辺りは構内の外れなので狭くなっています。

110918-024x.jpg
 鹿ノ谷駅の駅名標です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

2012年5月28日の蘇我駅 JR貨物篇

 2012年5月28日(月)、昨日も昼からの仕事だったので昼前の蘇我駅で貨物列車の撮影をしていたのです。
 朝上げた京葉臨海鉄道篇に続いてのJR貨物篇です。

120528-020x.jpg
 5683列車のJR側の機関車はEF210-170でした。
 編成は、EF210-170+タキ43542青タキ43336青タキ44017青タキ43138青タキ43021青タキ43012青タキ43033青タキ1000-670青タキ1000-389青になります。

120528-027x.jpg
 結局1359列車は、EF65 1076の単機でやって来ました。

120528-028x.jpg
 EF210-170とEF65 1076のツーショット。

●● 大きな画像はこちらから ●●

富士急行撮影行 その11

120512-144x.jpg
 次の場所へ移動するために寿駅までやって来ました。
 ここは小さな無人駅です。

120512-143x.jpg
 寿駅の駅名標です。

120512-138x.jpg
 下り列車の富士登山電車がやって来ました。
 乗ってみたい列車ではありますが、

120512-141x.jpg
 快速列車なので寿駅に停車せずそのまま走り去ってしまいました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

2012年5月28日の蘇我駅 京葉臨海鉄道篇

 2012年5月28日(月)、昨日も昼からの仕事だったので昼前の蘇我駅で貨物列車の撮影をしていたのです。

120528-005x.jpg
 この日の5683列車の機関車はKD60 2、タキは9両です。
 編成は、KD60 2+タキ43542青タキ43336青タキ44017青タキ43138青タキ43021青タキ43012青タキ43033青タキ1000-670青タキ1000-389青でした。

120528-010x.jpg
 東京方に引き上げたKD60 2はポイントを切り替えて側上1番に入りました。

120528-011x.jpg
 側上2番のタキの横を側上1番を通って千葉貨物方向へ進んで行きました。

 5683列車を牽いてきたKDが側上1を通る時は、1359列車が運休か、荷が無いか、または大幅遅延です。
 さて1359列車はちゃんとやって来たでしょうか?
 答えはJR貨物篇にて。

●● 大きな画像はこちらから ●●

道央・道東撮影行 その64

110918-010x.jpg
 夕張本町駅の跡を見たあとは石勝線夕張支線の終点である夕張駅に移動しています。

110918-011x.jpg
 駅舎の内部は待合室があります。

110918-012x.jpg
 夕張支線はここでおしまいですが、以前は先まで線路が延びていたのです。
 現在の夕張駅は3代目、2代目は夕張鉄道の夕張本町駅の近く、初代はさら奥にありました。

110918-014x.jpg
 元々在った線路の脇にホームを設けた形となっています。

110918-015x.jpg
 夕張駅の駅名標です。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2012年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ