趣味の総合サイト ホビダス
 

月別アーカイブ: 2010年3月月

2010年3月31日の姉ヶ崎駅

 2010年3月31日(水)、本日の出勤時は蘇我駅・千葉みなと駅、退勤時は姉ヶ崎駅でそれぞれいつもの列車を撮影しています。
 帰りは蘇我駅で撮影後、1127Mに乗車して姉ヶ崎駅へ移動、この列車の折り返しの1128Mを撮影しました。

姉ヶ崎駅の1128MのマリS70
 1128Mは113系10連マリS70+マリ118、写真は千葉方のマリS70です。

姉ヶ崎駅の1128Mのマリ118
 こちらは同列車の館山方マリ118です。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

2010年3月31日の蘇我駅 夕方篇

 2010年3月31日(水)、本日の出勤時は蘇我駅・千葉みなと駅、退勤時は姉ヶ崎駅でそれぞれいつもの列車を撮影しています。
 帰りも蘇我駅に立ち寄り、内房線1125Mを撮影しました。
 編成は113系10連マリ117+マリ53、こちらは2010年3月31日の蘇我駅 電車篇で上げました。

蘇我駅の1092列車のEF65 1070
 続いて撮影した1092列車は、機関車がEF65 1070、コンテナ車は12両です。
 編成は、EF65 1070+コキ50899+コキ52388+コキ253260+コキ200-106+コキ106-1151+コキ200-146+コキ104-1764+コキ104-290+コキ104-698+コキ104-1769++コキ104-1327+コキ106-937でした。

 この後は姉ヶ崎駅へ移動して撮影しています。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

2010年3月31日の蘇我駅 朝篇

 2010年3月31日(水)、本日の出勤時は蘇我駅・千葉みなと駅、退勤時は蘇我駅・姉ヶ崎駅でそれぞれ撮影しました。
 まずは朝の蘇我駅篇です。

蘇我駅の8178列車のEF65 1097
 8178列車の機関車はEF65 1097、返空タキは15両です。
 編成は、EF65 1097+タキ43428青タキ43138青+タキ43526+タキ43410青タキ43033青タキ43350青タキ43023青タキ43266青タキ43008青タキ43427青タキ43028青+タキ38042+タキ44019青+タキ43352+タキ38087でした。
 この後は千葉みなと駅に移動して780Aを撮影しています。
 そちらは201系ケヨ52+ケヨK2の編成、こちらは2010年3月31日の千葉みなと駅で上げています。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

山形・秋田・青森撮影行 その54

築堤をやって来る下り列車
 下り列車がカーブした築堤をやって来ました。
 このまま進んで曲沢駅に到着します。

曲沢駅に停車中の気動車2連
 曲沢駅に停車中の気動車2連です。

次駅へ向かって走り去る列車
 発車した列車は次駅の前郷駅へ向かって田んぼの中を走り去っていきました。
 千葉で撮った場合の、高圧線やら電線やらがすぐに写ってしまうのとは大違いです。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

2010年3月30日の姉ヶ崎駅

 2010年3月30日(火)、本日の出勤時は蘇我駅・千葉みなと駅、退勤時は姉ヶ崎駅でそれぞれいつもの列車を撮影しています。

姉ヶ崎駅の1128MのマリS62
 帰りの姉ヶ崎で撮影したのは、出発を待つ1128Mです。
 本日は113系マリS62+マリ106、写真は千葉方のマリS62です。

姉ヶ崎駅の1128Mのマリ106
 こちらは同列車の安房鴨川方マリ106です。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

2010年3月30日の蘇我駅

 2010年3月30日(火)、本日の出勤時は蘇我駅・千葉みなと駅、退勤時は姉ヶ崎駅でそれぞれいつもの列車を撮影しています。

蘇我駅の8178列車のEF65 1085
 8178列車の機関車はEF65 1085、返空タキは13両です。
 編成は、EF65 1085+タキ44020青+タキ38030+タキ43001青+タキ43158+タキ43110+タキ44023青タキ43135青+タキ43272+タキ43575+タキ43321+タキ43552+タキ43351青+タキ43625でした。
 この後は654Yに乗車して千葉みなと駅に移動、この列車は201系ケヨ51+ケヨK1でした。
 千葉みなと駅では780Aを撮影、こちらは201系ケヨ53+ケヨK3の編成、写真は2010年3月30日の千葉みなと駅にて上げています。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

山形・秋田・青森撮影行 その53

曲沢駅全景
 今度は2駅移動して曲沢駅までやって来ました。
 ここも昔からの駅ではなく後から開設された駅です。

曲沢駅ホームから矢島駅方向を見る
 この駅もホームと待合室だけしかありません。
 奥が矢島駅方向となります。

曲沢駅ホームから羽後本荘駅方向を見る
 こちらは羽後本荘駅の方向を見ています。
 駅を出た線路は左にカーブして川を渡ります。

曲沢駅駅名標
 曲沢駅駅名標です。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

2010年3月29日の北袖分岐

 2010年3月29日(月)、本日の天気は何なんだ。
 曇り→晴れ→雨とコロコロと変わって最後はみぞれ→ヒョウと来ましたよ。
 夜の勤務が続いていたので時差呆け状態になっていまして、午後になってから京葉臨海鉄道北袖分岐と京葉久保田駅の桜の様子を見に行ってます。

北袖分岐の桜 京葉久保田方向
 北袖分岐の桜、京葉久保田方向の様子です。
 雨が降っているので車内から撮影しています。

ちょっと咲いた
 ちょっと咲いているのもありますが、

まだつぼみ
 大半はこの状態です。

北袖分岐の桜 千葉貨物方向
 千葉貨物方向です。
 こちらはまとまって開いている桜がありますが、ほとんどが道路側なので駄目ですね。

北袖分岐の分岐点
 北袖分岐の分岐ポイントです。
 左直進側が京葉久保田駅へ向かう線路、右に曲がっていくのが北袖駅へ向かう線路です。
 北袖にあった富士石油からの出荷が無くなってしまったので、右のレールは錆だらけになってしまいました。

北袖分岐に来た506列車のKD60 4
 ポツポツだった雨は突然土砂降りに変わり、その中を506列車がやって来ました。
 車のリアドアを跳ね上げ屋根代わりにして撮影しています。
 機関車はKD60 4、編成は、KD60 4+コキ200-112+コキ106-685+コキ200-42+コキ104-376+コキ104-2681+コキ106-288+コキ104-1692+コキ106-845+コキ107-92+コキ106-720+コキ107-284+コキ106-921+コキ106-803でした。
 京葉久保田駅の桜は北袖分岐よりは咲いていますが2割程度です。
 こちらもあと少しですよ。 
 
新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

山形・秋田・青森撮影行 その52

久保田駅待合室 
 また一駅隣の駅にお邪魔しています。
 この駅は久保田駅、待合室があるだけの簡単な駅です。

久保田駅ホーム
 久保田駅のホームの様子です。
 鉄骨で組まれたホームが昔から存在した駅ではないことを教えてくれます。
 この駅は由利高原鉄道として開業した1985年10月に合わせて開業した駅なのです。

久保田駅駅名標
 久保田駅駅名標です。
 良く見ると隣の西滝沢駅が「にしたきざわ」になっていますが、本当は「にしたきさわ」なのでした。

久保田駅ホームからの風景 矢島方向
 ホームの上から矢島駅方向を見た景色です。

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

復刻版 昭和43年10月貨物時刻表

復刻版貨物時刻表
 復刻版の貨物時刻表が発売されたよ~と仮設住宅氏より教えてもらい、先日秩父鉄道へ遊びに行った帰りに購入しました。
 昭和43年10月改正なので41年半前となります。
 当時は貨物全盛期であり、車扱いの貨物が全国の路線を走り回っていたのでしょう。
 そのためページ数は600ページもありました。
 改正当時は生まれていたとは言え、まだ幼く実際に走っていたのを見た記憶はありません。
 でも時刻表を見る限り、当時住んでいた場所にも貨物列車はあり、物資を運んでいたんです。
 こんな本が出るとは思っていませんでしたので、非常に嬉しいですね。
 それなりの値段しましたが、見ているだけで楽しいですよ~。  

新・姉崎機関区へ飛びます 姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2010年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ