趣味の総合サイト ホビダス
 

月別アーカイブ: 2009年3月月

北陸撮影行2009冬 その49

敦賀港駅駅舎とランプ小屋
 敦賀港駅駅舎側面です。
 後に見える煉瓦造りの小屋は、ランプ小屋です。
 以下、敦賀観光協会の説明板より。
 敦賀港駅ランプ小屋
 完成/1882年(明治15年)頃
 建設/鉄道省 煉瓦造平屋建 敦賀市金ヶ崎1-19
           間口7.1m 奥行4.1m
 敦賀港駅は1882年(明治15年)金ヶ崎駅として出発した。敦賀は日本海側で一番早く鉄道が通った町であり、港の荷物を直接取り扱うのが金ヶ崎駅だった。その後、1912年(明治45年)新橋~金ヶ崎間に欧亜国際連絡列車が週3往復走るようになり、国際港敦賀は多くの人と荷物で賑わった。当時の建物がほとんどなくなってしまったなかで残ったのが煉瓦造りの「ランプ小屋」だ。列車を走らせる際には、後方にその存在を知らせる光が必要だが、電気器具等が未発達な当時光源として使われたのが灯油を燃やすカンテラだった。そして、引火性の強いこの油類を保管するための危険物倉庫として建てられたのが赤煉瓦倉庫だった。「ランプ小屋」と呼ばれて長く親しまれてきた。このランプ小屋に積まれている煉瓦をよく見ると多くの煉瓦に、「平」とか「一」、「八」といろいろ刻印が刻まれている。これは煉瓦を作った職人の名前の一部だそうです。 敦賀観光協会
敦賀港駅ランプ小屋 1
 ランプ小屋を駅舎側から見たところ。
ランプ小屋の公開案内
 4月にはいると一般公開がおこなわれるようです。
敦賀港駅ランプ小屋 2
 ランプ小屋の側面です。
敦賀港駅ランプ小屋 3
 最後に後側です。

今日の五井駅 その3

 3月30日、今日は昼からの仕事でした。
夜の五井機関区の様子
 帰りは蘇我駅で貨物列車を撮るつもりでしたが、気が変わったので小湊鐵道の五井機関区を撮影してみました。
 夜の機関区も良いモノです。
五井駅で出発を待つキハ201+205
 小湊鐵道のホームには21時53分発の列車が停車中。
 夜にDMH17のカラカラ音が響いていました。
 ちなみに車両は、キハ201+キハ205です。 

今日の姉ヶ崎駅 その1

 3月30日、今日は昼からの仕事でした。
 いつもだったらこの勤務の時には、5683列車と1357列車をチェックしてから出勤ですが、疲れが溜まっていたのでギリギリの出勤にしています。
姉ヶ崎駅の183系
 姉ヶ崎駅に着く直前で183系が下っていくのか見え、駅に着いたら2番線に停車中です。
 折角ですので撮影しておきました。
 編成番号は写真見れば分かるかと思ってメモを取らなかったのですが、アンテナに隠されて写っていませんでした。
 やはり手抜きは駄目ですね。
==コメント==
 見た感じOM101のような気がします。
 103だとシンボルマークがついてます。
 102だと片方だけついています。
投稿者 みや 2009/03/31 07:02
==コメント==
 みや様ありがとうございます。
 他の人からの情報で、OM101で合っていることが確認できました。
 幕張のC2も引退して、このカラーリングを内房線で見ることも、さらに少なくなりますね。
投稿者 KD55-101 2009/03/31 09:23
==コメント==
 田町、大宮とありますから、可能性はまだあると思います。夏などは臨の設定があるでしょう。
 しかし、サロ入りの美しい編成はもう見られませんね。
投稿者 みや 2009/03/31 23:11
==コメント==
 今年の秋から、N’EX253系がE259系に置き換えが開始された後、波動用に回されるのではないかと思っています。
 3連が組めるので、使い勝手も良さそうですし。
 そうなると183系は消えるかな~と。
 実際は分かりませんですけれども。
投稿者 KD55-101 2009/03/31 23:54
==コメント==
 185系の用途と絡めて、253系がどう使われるか興味がありますね。特に最終増備車のNE201、202編成はまだまだ若いですし。
投稿者 みや 2009/04/01 22:06

北陸撮影行2009冬 その48

敦賀港駅入り口から構内を見る
 敦賀港駅入り口までやって来ました。
 途中で撮影をしていたため、敦賀駅から45分掛かっています。
敦賀港駅構内 1
 構内は敦賀駅側から見ると左にカーブをしているため、手前の踏切からだと全体は見えません。
 右の茶色の建物が駅舎となります。
敦賀港駅構内 2
 駅舎に近づいたところから構内の先を見ています。
 空のコキ車が停まっていました。
 この位置からでも先はよく分かりません。
敦賀港駅駅舎手前から見た敦賀駅方向
 駅舎の手前から振り返り敦賀駅方向を見ています。
 踏切の先で線路は1本にまとまっています。

北陸撮影行2009冬 その47

敦賀港線庚申堂踏切の様子
 庚申道踏切の様子、敦賀港駅方向を見ています。
 この踏切から敦賀駅方向を見ると線路はS時カーブになっていました。
 貨物列車はここで撮影しようかと最初に思った場所でした。
敦賀港線庚申堂踏切から敦賀港駅方向
 庚申道踏切の上から敦賀港駅方向を見ています。
 先に架かっているのは道路の陸橋です。
 この上から撮影できれば一番良さそうなのですが、無理そうでした。
敦賀港線第一泉踏切の複線の跡
 第一泉踏切には複線の跡と思われる遺構が残っていました。
敦賀港線第一泉踏切から敦賀駅方向
 第一泉踏切から敦賀駅方向を見ています。
敦賀港線第一泉踏切から敦賀港駅方向
 こちらは同じ踏切から敦賀港駅方向を見ています。
 良く見ると左に分岐していた感じがします。
分岐した後のコンクリート橋
 分岐していたと思われる場所の先を見ると、小さなコンクリート橋になっていました。
 敦賀港駅に向かう線路は奥で、複線分の跡が残っています。

今日の大井川鉄道 大井川鉄道撮影行2009春 その1

 3月28日はお休みでした。
 やっちん氏が大井川鉄道へ行こうと言ったので、同じく休みだった仮設住宅氏と大井川鉄道へ出掛けてきました。
下泉駅の16000系
 下泉駅で撮影した1番列車は、元近鉄の16000系でした。
 まだ朝の6時のため暗く駅撮りしています。
 奥が金谷方面になります。
 日帰りでさっき帰ってきましたが、寝てないのでヘロヘロです。
 続きはまた後日と言うことで~。

北陸撮影行2009冬 その46

敦賀駅に到着するしらさぎ2号
 旅行3日目の2月9日は、朝7時前に敦賀駅に寄り、コインロッカーに荷物を放り込んで線路に沿って福井側に歩き出しました。
 写真は、敦賀駅ににしらさぎ2号が到着するところです。
 この日最初の探索は左側の北陸本線ではなく、右側に曲がっているのが見えている北陸本線の支線である敦賀港線です。
敦賀港線第二津内踏切から敦賀駅方向
 敦賀港線は敦賀駅から敦賀港駅まで2.7Kmなのでロケハンを兼ねて歩いていきます。
 写真は第二津内踏切から見た敦賀駅方向です。
敦賀港線第二津内踏切から敦賀港駅方向
 同じ踏切から見た敦賀港駅方向です。
 小さな山が迫ってきます。
敦賀港線第一爪割踏切から敦賀駅方向
 敦賀駅から約1Kmの第一爪割踏切から見た敦賀駅方向です。
 先ほどの山に沿って直線で線路が伸びています。
敦賀港線第一爪割踏切敦賀港駅方向
 第一爪割踏切から敦賀好方向も線路は直線です。
敦賀港線曙踏切から見た敦賀駅方向
 曙踏切から見た敦賀駅方向です。
 直線が終わる辺りで国道の陸橋をくぐりまた山が近づいてきます。
 この踏切を過ぎると複線だったのでは無いかと思えるようになっていきました。

北陸撮影行2009冬 その45

福井駅のクハ520-5+クモハ521-5
 福井から乗車した521系です。
 5編成が存在しており、写真はクハ520-5+クモハ521-5です。
 福井駅より西側で運用されているので、今回初めて遭遇しています。
敦賀駅のクロ481-2002
 敦賀駅に着いてからしばらく構内で撮影してました。
 やってきたパノラマグリーン車のクロ481-2002です。
 西日の当たるこの時間の運転はまぶしそうです。
敦賀駅のクモハ125-15
 小浜線用の125系、クモハ125-15です。
 この車両も今回初めて撮影しています。
 521系や125系、やっぱり新型車は良いですね。
 房総ローカルにも新車を入れてもらいたいです。
 いつも乗っている、113系もガタが来ているし、E217系や209系500番台も車体の剛性が不足しているためなのか、ガラスが軋む音がする不快な車両があります。
 209系が投入されたら、軋む車両だらけになりそうな気がします。
 もっともこちらの新型は制作費を地元が負担しているので、千葉じゃ無理でしょうけど…。
敦賀駅のクハ419-5
 419系のオリジナル先頭車がやっと普通に撮影できましたと言いたいですけど、影が…。
 どうにもスッキリ行きません。
 写真のクハ519-5は元のヘッドマークスペースが凹んだままの車両です。
敦賀駅のEF510-11
 米原側からEF510-11を先頭にした貨物列車が到着しました。
 時間的には3099列車だと思われます。
 以前敦賀駅に降りた時はまだEF70が最後の活躍していた頃なのでした。
 随分と時が経ってしまったようです。
敦賀駅駅舎
 この日最後に撮影したのは敦賀駅の駅舎です。
 ここから宿までは離れていたので、タクシーで移動です。

今日の稲毛海岸駅

 本日3月26日は、仕事明けで貨物列車のチェックです。
稲毛海岸駅の5178列車のEF65 1086
 帰りは稲毛海岸駅にて、5178列車(旧5978列車)を撮影しました。
 陽が昇るのが早くなり走行中の写真が撮れるようになったのですが、暖かくなって石油の需要が減ってしまったため、長編成のタキ返空が見られなくなってしまいました。
 今日の編成は、EF65 1086+タキ44511+43620+44001青44004青43352青43354青+43494+43004青+43024+43217+43390青43185青43353青 です。

昨日の蘇我駅 その140

 昨日3月25日の夕方も、出勤途中に蘇我駅のチェックです。
蘇我駅の4096列車のEF210-136
 3日続けての4096列車の様子です。
 KD60 1からEF210-136へ牽引機が引き継がれました。
 後続のコンテナ車は、コキ101-131+100-131+100-132+101-132+106-595+106-785+106-1113+106-409+103-101+102-101+102-102+103-102+106-277+106-902+106-944+107-126 です。

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2009年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ