趣味の総合サイト ホビダス
 

月別アーカイブ: 2006年6月月

タムタム

 模型屋のタムタムが職場の近所に開店したので、本日待ち合わせがてらに買い物してきました。
 津田沼のユザワヤが鉄道模型のコーナーを縮小してしまったので、ちょっとした買い物でも秋葉原まで行っていたので、格段に便利になりました。
 今日買ったのは、本日入荷のトミックスの鹿島臨海鉄道キハ1000形2両セットと、マイクロエースのDF50長野機関区の2両セット、KATOのチキ5500を6両その他貨車数両です。
 他にも買いたい物はいっぱいあったのですが、今日はここまでと言うことにしました。
 でもレールの上を走らせるのはいつのことやら?

新潟・富山撮影旅行 その56

060531-イ1x
 平岩駅に列車が到着します。

060531-イ2x
 今度の列車は国鉄一般色のキハ52 115でやってきました。
 いつ見てもこのカラーリングは良いですね。

060531-イ5x
 発車。
 再び車に乗り込んで豊科方面に向かいます。

060531-イ9x
 平岩駅で撮影した列車の折り返しが大糸線の最終列車として戻って来るのが分かってますので、またまた、国道から外れて赤土駅に寄り道しました。

060531-ウ1x
 最終列車が赤土駅に到着。

060531-ウ3x
 乗客を降ろして発車していきました。

 最終列車を撮影したので、もうこの後の列車はありませんので安心して帰れます。
 実はこの時間調整には理由があり、ETCの深夜帯割引適用時間に合わせるためでもあったのです。
 3割引きは大きいですからね。
 でも調子に乗って撮っていたので、余分に時間を食ってしまってます。
 まあ楽しかったから良しとしましょう。
 やっとこのネタも終了、こんなに長い話になるとは思いませんでした。
 次は7月中旬に「鉄」旅行を予定しており、琴電に行こうかとか、くりはら田園鉄道に行こうかとか色々考えていますが、また行き当たりばったりになるかも。
 その時はまた報告したいと思います。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【駅】【平岩駅】【赤土駅】【気動車】【キハ52形】【新潟県】【長野県】【大糸線】【JR西日本】【新潟・富山撮影旅行】【JRローカル線】

新潟・富山撮影旅行 その55

 立山駅からの帰りは予定通り北陸自動車道のPAで夕飯を食べ、糸魚川ICから大糸線に沿って一般道を走ります。
 大糸線沿いの道を走っていると列車がどうしても気になってしまうのはサガです。

060531-Z5x.jpg
 結局誘惑に負けて19時過ぎに根知駅に寄り道、糸魚川行きの列車を撮影する事らして、ホームに三脚を立てて待ちました。

060531-Z9x.jpg
 やってきた列車は越美北線色のキハ52 125でした。

060531-ア7x
 こんな事をしていたらいつまで経っても家に着かないなと思いつつ、平岩駅にも寄り道して撮影する事に。

060531-ア6x
 列車が来るまでの間は夜の平岩駅の様子を撮影しています。

060531-ア5x
 夜の平岩駅ホームの様子です。

060531-ア4x
 ホームから糸魚川方向を見たところです。

060531-ア9i01x
 このカットは別行動した仮設住宅氏が撮影した分です。
 平岩駅手前の第7下姫川橋梁から大所川橋梁を渡る列車をスローシャッターで流しています。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【駅】【平岩駅】【根知駅】【気動車】【キハ52形】【橋梁】【JRローカル線】【新潟県】【大糸線】【JR西日本】【新潟・富山撮影旅行】

新潟・富山撮影旅行 その54

060531-Z1i04x.jpg
 さて帰ろうというところでまた脱線、夕方の千寿ケ原のヤードを撮影しています。

060531-Z1i07x.jpg
 専用軌道の末端です。

060531-Z1i05x.jpg
 何故こんな所にあるのか分かりませんが、砂防工事の説明用かと思われる地形の立体模型が置かれていました。

060531-Z1i06x.jpg
 構内端から見たヤードの様子です。
 今回の写真は全て仮設住宅氏撮影分です。

 これで本当に富山県からおさらばしました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【専用線】【富山県】【立山砂防専用軌道】【新潟・富山撮影旅行】

新潟・富山撮影旅行 その53

 旅行の最終日も17時近くになりいよいよ帰る事を考えなくてはならなくなりました。
 立山からだと、距離の短いルートは、高山本線、神岡鉄道に沿った道を走り、奥飛騨温泉を抜け、安房トンネルを抜けて今度は松本電鉄に沿って松本から長野自動車道に入るルートです。
 でもこのルートは途中の道がかなりクネクネと曲がっており、とても疲れる道なのを知っていました。
 仮設住宅氏と協議の結果、疲労軽減のため糸魚川まで北陸道を走って、大糸線に沿って南下、豊科から長野道に入ることにしました。
 でも車に乗り込んですぐ出発とはなりません。

060531-W4x.jpg
 駐車場のすぐ横に富山地鉄の大きな鉄橋が架かっており、ここで写真を撮ってくれと言わんばかりです。
 せっかくですので列車を待ち撮影することにしました。

060531-W7x.jpg
 常願寺川に架かるこの橋は真川橋梁です。
 昔は常願寺川ではなく真川を渡っており、すぐ先で真川と称名川が合流して常願寺川に名前が変わっていたと思っていましたが、今は上流から常願寺川のようです。
 砂防工事の管轄等が影響したのだろうか?

060531-W9x.jpg
 遠くの方で動く物があると思ったら、立山ケーブルが降りて来ていました。

060531-X4x.jpg
 立山行きの普通列車が真川橋梁を渡っていきます。
 14720形のクハ171+モハ14721でした。
 (この編成は2012年1月4日(水)立山駅に停車中にモハ14721床下から火が出て、同車が全焼しており、最終的に復旧せず1年半後に解体となっています。

060531-Y7x.jpg

060531-Y8x.jpg
 立山駅から折り返して来た同編成の上り列車を撮影してここでの撮影は終了しました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【中小私鉄】【ローカル私鉄】【電車】【富山14720形】【橋梁】【ケーブルカー】【富山県】【富山地方鉄道】【立山黒部貫光立山ケーブル】【新潟・富山撮影旅行】

新潟・富山撮影旅行 その52

060531-V8x.jpg
 立山砂防専用軌道の撮影後、富山地方鉄道の立山駅に行ってみました。

060531-V9x.jpg
 この駅は斜面に建っているためメインの入口から入るとそこが2階になります。
 この立山駅には富山地方鉄道の他に立山黒部貫光の立山ケーブルカーの駅も同居しています。
 どちらも同じ鉄道会社だった時期も過去にはありました。
 立山黒部アルペンルート全線開業35年の横断幕が下がっています。
 乗り通してみたいと思っていますがいつ実行できることやら。

060531-W0x.jpg
 階段を下りると富山地方鉄道の立山駅になります。
 こちらが1階になるのですが、地下駅の様な雰囲気です。

060531-W0i01x.jpg
 立山ケーブルが発車していきました。
 (仮設住宅氏撮影)

●● 大きな画像はこちらから ●●

【ローカル私鉄】【中小私鉄】【ケーブルカー】【駅】【駅舎】【立山駅】【富山県】【富山地方鉄道】【立山黒部貫光立山ケーブル】【新潟・富山撮影旅行】

新潟・富山撮影旅行 その51

060531-T4x.jpg

060531-T8x.jpg
 やって来た人車は手旗の合図に合わせて車庫に進んで行きました。

060531-U0x.jpg
 表に出ていた人たちも機関車と共に車庫に向かいます。

060531-U1x.jpg
 車庫に人車が入ったところで機関車を切り離すようです。

060531-U4x.jpg
 切り離された人車は人力で車庫に押し込まれました。

060531-U8x.jpg
 機関車だけバックして、

060531-V4x.jpg
 転線して前進。

060531-V6x.jpg
 この機関車には白岩のヘッドマークが付いていました。

060531-V7x.jpg
 この機関車が最後だった様で、入庫するとシャッターが閉められました。
 時間は16時30分を回ったところ、博物館で時間を潰していなかったら見られなかったので、博物館に感謝ですね。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【専用線】【トロッコ】【ディーゼル機関車】【人車】【富山県】【立山砂防専用軌道】【新潟・富山撮影旅行】【ヘッドマーク】

新潟・富山撮影旅行 その50

060531-R4x.jpg
 また列車が山から下りてきます。
 推進運転で右に向かって進行中。

060531-R7x.jpg
 スイッチバックして機関車が先頭になって左に向かっていきます。

060531-S3x.jpg
 また向きが変わってこちらに向かってきます。

060531-S7x.jpg
 更に向きが変わって機関車を先頭にヤードに向かって行くところです。
 スイッチバックの連続で向きが変わるのが見ていて楽しいのです。

060531-T0x.jpg
 ヤードで人車に乗っていた人を下ろしてこちらに向かってきました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【ディーゼル機関車】【トロッコ】【人車】【専用線】【立山砂防専用軌道】【富山県】【新潟・富山撮影旅行】

新潟・富山撮影旅行 その49

 機関車や人車の車庫は博物館のトロッコツアーをやっている建物の下の階でした。

060531-P6x.jpg
 小型のタンクローリー車が車庫前までやって来て機関車に給油を行っています。

060531-P9x.jpg
 係員の人達が表に出てきました。
 そろそろ機関車がヤードから戻ってくるようです。

060531-Q2x.jpg
 ヤードで作業を終えた人たちを下ろし空になった人車と機関車が戻って来ます。

060531-Q5x.jpg

060531-Q9x.jpg

060531-R0x.jpg
 この機関車にはカルデラのヘッドマークが付いていました。

060531-R2x.jpg
 そのまま車庫に入りました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

【ディーゼル機関車】【専用線】【トロッコ】【人車】【ヘッドマーク】【富山県】【立山砂防専用軌道】【新潟・富山撮影旅行】

新潟・富山撮影旅行 その48

060531-O1x.jpg
 博物館内の展示物を一通り見終えたので、再び博物館脇の専用軌道に行ってみると、ラッキーなことに列車が下ってきました。

060531-O4x.jpg
 博物館の脇がスイッチバックの段になっているので、上方で左に行った列車が目の前に降りてきます。

060531-O5i02x.jpg
 目の前を通過して最後のスイッチバックに向かう列車です。
 (仮設住宅氏撮影)

060531-P2x.jpg
 最後のスイッチバックで方向を変えて千寿が原のヤードに向かって行きました。
 列車は立て続けに降りて来ていました。

●● 大きな画像はこちらから ●●

KD55-101より

 2014年9月27日(土)

 姉崎機関区更新休止中。
 新・姉崎機関区は毎日更新中です。

 ●● 動画リンク先 YouTube ●●

 

blogram投票ボタン 新・姉崎機関区へ飛びます
姉崎機関区の裏側へ飛びます 姉崎機関区Yahoo支区へ飛びます
鉄道コム

 

2006年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ